ダークロHP / レスラーノート

芦野祥太郎

1990年1月4日
東京都西東京市出身
174cm 85kg
タイトル歴:W−1チャンピオンシップ UWA世界6人タッグ
得意技:アンクルロック

日本体育大学レスリング部出身。 14年8月1日、レスリング部の監督が馳浩と親交があったため、馳の推薦によりW−1に入門。 15年2月13日、後楽園ホール大会で熊ゴローを相手にデビュー。2人ともこの試合がデビュー戦だった。6分32秒、逆エビ固めに敗れた。3月12日、新宿FACEでのW−1とZERO1の合同興行で横山佳和と対戦。7分42秒、キャメルクラッチに敗れた。5月9日、W−1道場での若手主体大会で吉岡世起と対戦。12分31秒、PKに敗れた。5月16日、新宿FACE大会での「Road to KEIJI MUTO」トーナメント1回戦で土肥孝司と対戦。8分46秒、マザーファッカー(ペディグリー)に敗れた。6月28日、W−1道場での若手主体大会で黒潮“イケメン”二郎と対戦。10分10秒、スモールパッケージホールドにフォール負け。7月15日、東京愚連隊の新宿FACE大会で村上和成と対戦。7分52秒、左ストレートに敗れた。7月25日、W−1道場での若手主体大会で大和ヒロシと対戦。9分17秒、逆エビ固めに敗れた。8月2日、春日部ふれあいキューブ大会での「WRESTLE−1 GRAND PRIX」1回戦でNOSAWA論外と対戦。7分52秒、ジャーマンスープレックスで勝利。8月8日、新宿FACE大会での準々決勝で征矢学と対戦。11分8秒、サソリ固めに敗れた。8月15日、小山市立文化センター大会で黒潮と対戦。15分14秒、前方回転エビ固めにフォール負け。9月13日、W−1道場での若手主体大会で中之上靖文と対戦。11分9秒、ダイビングエルボードロップに敗れた。10月9日、後楽園ホール大会で近藤河野村瀬とユニット「トリガー」を結成。10月17日、島根大学医学部体育館大会でKAIと対戦。8分15秒、LATに敗れた。11月3日、名古屋国際会議場大会のメインで村瀬と組んで征矢、葛西組のW−1タッグ王座に挑戦。25分18秒、征矢のワイルドボンバーに芦野が敗れた。11月22日、米子産業体育館サブアリーナ大会でTAJIRIと対戦。9分11秒、スモールパッケージホールドにフォール負け。11月27日、後楽園ホール大会で復帰戦となった稲葉大樹と対戦。11分57秒、変形アンクルロックで勝利。12月24日の試合中に、かねてから痛めていた右肩を負傷。右肩鎖関節脱臼と診断されたため長期欠場。 16年3月13日に復帰。3月27日、名古屋市中スポーツセンター大会で河野、村瀬と組んでハヤシ、TAJIRI、田中稔組の6人タッグ王座に挑戦。16分11秒、TAJIRIのバズソーキックに芦野が敗れた。4月20日、後楽園ホールでの王道の旗揚げ戦で橋本大地と対戦。11分、シャイニングウィザードに敗れた。5月8日、クリエート浜松大会でKAZMA、征矢を相手にW−1王座への挑戦者決定戦。8分17秒、芦野が横入り式エビ固めで征矢にフォール勝ちして王座挑戦権を獲得した。6月8日、後楽園ホール大会のメインでKAIのW−1王座に挑戦。17分22秒、雁之助クラッチにフォール負け。6月15日、新宿FACE大会での「WRESTLE−1 GRAND PRIX」1回戦で黒潮と対戦。11分56秒、アンクルロックで勝利。6月18日、横浜ラジアントホール大会での2回戦でAKIRAと対戦。10分9秒、アンクルロックで勝利。6月25日、W−1道場での若手主体大会で立花誠吾と対戦。6分22秒、アンクルロックで勝利。7月1日、後楽園ホール大会での準決勝で征矢と対戦。負傷した右ヒザを包帯でグルグル巻きにして入場し、27秒、セコンドのタオル投入によりTKO負け。試合後にマイクを持ち「こんな情けない姿でリングに上がって本当にすみません。昨日の練習中、ヒザの靱帯を・・・。もっとデカく、強くなってこのリングに戻ってくるので、今日は本当にすみませんでした」と語ってリングを降りた。この試合後、長期欠場。12月9日、後楽園ホール大会で復帰。YASSHIと組んで村瀬、三富組と対戦。2分53秒、芦野がアンクルホールドで三富に勝利。 17年1月8日、後楽園ホール大会で黒潮と対戦。7分55秒、アンクルロックで勝利。1月10日、愛知・中村スポーツセンター大会で立花と対戦。5分58秒、アンクルロックで勝利。1月15日、山梨・山の都アリーナ大会で児玉と対戦。15分32秒、アンクルロックで勝利。3月20日、後楽園ホール大会のメインで河野のW−1王座に挑戦。15分34秒、アンクルロックで勝利。W−1王座を獲得した。4月9日、ススキノ・マルスジム大会で伊藤貴則と対戦。13分13秒、アンクルロックで勝利。4月19日、後楽園ホール大会のメインで近藤を相手に防衛戦。21分14秒、アンクルロックで勝利。5月4日、後楽園ホール大会で征矢を相手に防衛戦。21分37秒、アンクルロックで勝利。6月6日、後楽園ホール大会で土肥を相手に防衛戦。19分46秒、アンクルロックで勝利。6月24日、横浜ラジアントホール大会で児玉と対戦。14分9秒、アンクルロックで勝利。8月11日、後楽園ホール大会で児玉裕輔、立花誠吾とアンファンテリブルを結成した。9月2日、横浜文化体育館大会のメインで黒潮を相手に防衛戦。36分7秒、アンクルロックで勝利。9月18日、後楽園ホール大会のメインで稲葉を相手に防衛戦。30分13秒、アンクルロックで勝利。9月24日から始まったW−1タッグリーグ戦に児玉と組んで参戦。リーグ戦は1勝2敗に終わった。10月8日、神戸サンボーホール大会で佐藤嗣崇と対戦。6分9秒、投げっぱなしジャーマンスープレックスで勝利。10月21日、霞ヶ浦文化体育館・サブアリーナ大会で児玉、立花と組んで黒潮、熊ゴロー、土肥組の6人タッグ王座に挑戦。21分2秒、芦野がアンクルロックで黒潮に勝利。UWA世界6人タッグ王座を獲得。11月5日、後楽園ホール大会のメインで熊ゴローを相手に防衛戦。23分10秒、アンクルロックで勝利。11月12日、えすぽわーる伊佐沼大会で黒潮、稲葉、伊藤貴則組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。15分40秒、芦野がアンクルロックで稲葉に勝利。11月19日、Blue Field大会で征矢、ダイナソー拓真、吉野組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。15分8秒、芦野がアンクルロックで征矢に勝利。12月2日、横浜ラジアントホール大会で熊ゴロー、土肥、伊藤貴則組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。23分6秒、土肥の垂直落下式ブレーンバスターに児玉が敗れて王座転落。12月10日、後楽園ホール大会で伊藤貴則を相手に防衛戦。17分3秒、アンクルロックで勝利。 18年3月14日、後楽園ホール大会のメインで征矢を相手に防衛戦。23分14秒、ワイルドボンバーに敗れて王座転落。4月18日、後楽園ホール大会で熊ゴローをアンファンテリブルに加入させた。5月6日、後楽園ホール大会で羆嵐(熊ゴロー)と組んで征矢、AKIRA組のタッグ王座に挑戦。24分44秒、羆嵐がダイビングセントーンでAKIRAに勝利。W−1タッグ王座を獲得した。6月22日、新木場1stRING大会で田中将斗、黒潮組を相手にタッグ王座の防衛戦。17分10秒、黒潮のムーンサルトプレスに芦野が敗れて王座転落。7月1日、小田原アリーナ大会でのW−1GP1回戦でカズ・ハヤシと対戦。11分57秒、Tボーンスープレックスで勝利。7月18日、後楽園ホール大会での準決勝で黒潮と対戦。14分4秒、Tボーンスープレックスで勝利。同日の決勝で土肥と対戦。21分30秒、雪崩式Tボーンスープレックスで勝利。W−1GPに優勝した。9月2日、横浜文化体育館大会のメインで征矢のW−1王座に挑戦。30分3秒、アンクルロックでレフリーストップ勝ち。W−1王座を奪回した。9月18日から始まったW−1タッグリーグに羆嵐と組んで参戦。3戦全敗に終わった。9月29日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で征矢を相手に防衛戦。20分57秒、アンクルロックで勝利。10月24日、後楽園ホール大会でペガソ・イルミナルを相手に防衛戦。16分43秒、Tボーンスープレックスで勝利。 19年1月5日、後楽園ホール大会でT−Hawkを相手に防衛戦。22分11秒、ケルベロスに敗れて王座転落。2月27日、新木場1stRING大会で立花と対戦。14分28秒、アンクルロックで勝利。3月21日、大田区総合体育館大会で関本大介と対戦。15分5秒、リストロックジャーマンスープレックスに敗れた。4月18日、新宿FACEでのOWEの日本初公演で鬼塚一聖と対戦。アンクルロックで勝利。6月2日、後楽園ホール大会での「WRESTLE−1 GRAND PRIX」1回戦で立花誠吾と対戦。15分55秒、アンクルロックで勝利。7月2日、後楽園ホール大会での準決勝で土肥孝司と対戦。14分37秒、アンクルロックで勝利。同日の決勝で稲葉大樹と対戦。22分5秒、極反り卍固めに敗れた。8月1日、後楽園ホール大会で児玉裕輔組と組んで近藤修司、征矢学組のW−1タッグ王座に挑戦。18分54秒、児玉がフランケンシュタイナーで征矢に勝利。W−1タッグ王座を獲得した。9月1日、横浜文化体育館大会で入江茂弘、エル・リンダマン組を相手にタッグ王座の防衛戦。24分46秒、芦野がアンクルロックでリンダマンに勝利。9月23日、後楽園ホール大会で河野真幸、アレハンドロ組を相手にタッグ王座の防衛戦。18分55秒、芦野がアンクルロックでアレハンドロに勝利。10月23日から始まったW−1タッグリーグに児玉裕輔と組んで参戦。2勝1敗に終わった。12月26日、後楽園ホール大会でT−Hawk、入江茂弘組を相手にタッグ王座の防衛戦。21分4秒、芦野がアンクルロックでT−Hawkに勝利。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP