ダークロHP / レスラーノート

樋口和貞

1988年10月24日
北海道紋別市出身
185cm 103kg
タイトル歴:KO−Dタッグ KO−D6人タッグ
得意技:轟天(カナディアンバックブリーカーからののど輪落とし)

紋別北高校では柔道部の主将として活躍。 06年、高体連全道大会で個人戦と団体戦で3位に入賞。 07年、高校卒業後、大相撲の八角部屋に入門。北道山の四股名で活躍。最高位は幕下45枚目。 13年12月、廃業。 14年11月28日、DDTの若手主体の興行「DNA」の北沢タウンホール大会で梅田公太戦を相手にデビュー。 15年3月29日、後楽園ホール大会でKO−D無差別級王座への挑戦権を獲得。5月1日、右内側靭帯損傷のため欠場。5月10日に復帰。5月24日、札幌テイセンホール大会のメインでHARASHIMAのKO−D無差別級王座に挑戦。20分18秒、蒼魔刀に敗れた。6月6日、春日部ふれあいキューブ大会でのKING OF DDTトーナメント1回戦で松永智充と対戦。11分4秒、轟天で勝利。6月14日、大阪府立体育会館・第2競技場大会での2回戦で入江茂弘と対戦。18分23秒、轟天で勝利。6月28日、後楽園ホール大会での準決勝で坂口征夫と対戦。9分43秒、コブラクラッチにレフリーストップ負け。8月2日、新木場1stRING大会でのプロレス甲子園トーナメント1回戦で勝俣瞬馬と対戦。10分、時間切れ引き分け。再試合は1分47秒、丸め込みをつぶしてのエビ固めでフォール勝ち。同日の準決勝で梅田公太と対戦。7分33秒、変型カナディアンバックブリーカーで勝利。同日の決勝で中津良太と対戦。13分35秒、轟天で勝利して優勝した。9月22日、DDT・DNAの新宿FACE大会のメインで中嶋勝彦と対戦。16分、垂直落下式ブレーンバスターに敗れた。11月11日、DNAの北沢タウンホール大会で佐々木大輔と対戦。21分38秒、轟天で勝利。12月11日、北沢タウンホール大会で宮武俊と対戦。12分26秒、轟天で勝利。12月12日、春日部ふれあいキューブ大会で平田一喜と対戦。7分55秒、ノド輪落としで勝利。 16年2月28日、後楽園ホール大会で勝俣、岩崎と組んで高木、大鷲、平田組の6人タッグ王座に挑戦。11分58秒、岩崎が首固めで平田にフォール勝ち。6人タッグ王座を獲得した。3月21日、両国国技館大会での時間差バトルロイヤルに勝利してKO−D王座への挑戦権を獲得。4月24日、後楽園ホール大会のメインでHARASHIMAのKO−D王座に挑戦。18分58秒、蒼魔刀に敗れた。5月15日、名古屋国際会議場大会で入江、石井慧介、高尾組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。15分9秒、高尾のジントニックに岩崎が敗れて王座転落。6月5日、春日部ふれあいキューブ大会でのKING OF DDTトーナメント1回戦でヤス・ウラノと対戦。16分23秒、ドクターボムで勝利。6月12日、大阪府立体育会館・第2競技場大会での2回戦で入江と対戦。15分50秒、タズミッションに敗れた。8月6日、DDT・DNAの春日部ふれあいキューブ大会で梅田公太と対戦。17分19秒、轟天で勝利。9月3日、新宿FACE大会でのバトルロイヤルに勝利してKO−D王座への挑戦権を獲得。9月25日、後楽園ホール大会のメインで石川修司のKO−D王座に挑戦。23分、ジャイアントスラムに敗れた。10月17日から始まったDNA−Grand Prixに参戦。10月21日、新宿FACE大会での優勝決定戦でマイク・ベイリーと対戦。12分48秒、シューティングスター・ダブルニードロップに敗れた。11月12日、W−1道場でのACEの旗揚げ戦で伊藤貴則と対戦。12分7秒、ドクターボムで勝利。11月16日、DDT・DNAの浅草花やしき大会で勝俣瞬馬と対戦。12分16秒、轟天で勝利。12月4日、大阪府立体育会館大会で高山と組んで船木、坂口組と対戦。9分39秒、坂口の神の右膝に樋口が敗れた。12月31日、後楽園ホールで行われた年越しプロレスの5団体シャッフル・タッグトーナメントに大日本プロレスの宇藤純久と組んで参戦。1回戦で優勝候補の関本、HARASHIMA組と対戦。10分時間切れ引き分け。1カウントルールでの延長戦が行われ、1分30秒、宇藤が横入り式エビ固めで関本にフォール勝ち。2回戦で征矢、植木組と対戦。5分13秒、樋口がドクターボムで植木に勝利。準決勝で木高、宮本裕向組と対戦。10分15秒、宇藤がラリアットで木高に勝利。決勝で神谷、竹下組と対戦。20分37秒、樋口が轟天で竹下に勝利。トーナメントに優勝した。 17年1月7日、春日部ふれあいキューブ大会でKO−D王座挑戦者決定トーナメントに参戦し、1回戦で竹下と対戦。25分31秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。1月22日、ベストウェスタンレンブラントホテル東京町田大会で岩崎、渡瀬と組んで3WAYマッチに勝利して6人タッグ王座を獲得。3月20日、さいたまスーパーアリーナ大会での3WAYマッチに敗れて6人タッグ王座から転落。4月21日、DNAの新宿FACE大会で勝俣と対戦。20分28秒、轟天で勝利。5月10日、DDT・DNAの後楽園ホール大会のメインでマイク・ベイリーと対戦。18分57秒、轟天で勝利。試合後、高木社長からDNAの卒業とDDT所属を告げられた。5月21日、札幌ススキノ・マルスジム大会で入江と組んで竹下、彰人組を相手にKO−Dタッグ王座決定戦。24分41秒、樋口がノドワボムで彰人に勝利。KO−Dタッグ王座を獲得。6月2日、新宿FACE大会でKING OF DDTトーナメントに参戦し、1回戦でHARASHIMAと対戦。11分24秒、蒼魔刀に敗れた。6月11日、夢メッセみやぎ西館ホール大会でHARASHIMA、高尾組を相手にタッグ王座の防衛戦。20分7秒、入江がビーストボンバーで高尾に勝利。6月18日、松山市総合コミュニティセンター大会で坂口征夫と対戦。9分54秒、パワーボムで勝利。7月9日、博多スターレーン大会でKUDO、坂口征夫組を相手にタッグ王座の防衛戦。23分20秒、樋口がノドワボムで坂口に勝利。7月16日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で石川修司と対戦。13分37秒、スプラッシュマウンテンに敗れた。7月23日、後楽園ホール大会で石川修司、マッド・ポーリー組を相手にタッグ王座の防衛戦。11分32秒、樋口が轟天でポーリーに勝利。8月20日、両国国技館大会でHARASHIMA、丸藤組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分14秒、HARASHIMAの蒼魔刀に入江が敗れて王座転落。8月25日、新宿FACE大会で入江と対戦。11分58秒、ビーストボンバーに敗れた。10月8日、札幌ススキノ・マルスジム大会で岩崎と対戦。13分50秒、轟天で勝利。12月10日、博多スターレーン大会でHARASHIMAと対戦。11分53秒、蒼魔刀に敗れた。 18年1月5日から始まった「D王 GRAND PRIX」に参戦。開幕戦の新宿FACE大会で坂口征夫と対戦。7分48秒、神の右膝に敗れた。1月7日、大阪市平野区民ホール大会で高尾蒼馬と対戦。10分11秒、ドクターボムで勝利。1月8日、大阪市平野区民ホール大会で佐々木大輔と対戦。11分58秒、ミスティカ式クロスフェイスロックに敗れた。1月10日、練馬Coconeriホール大会で彰人と対戦。9分30秒、ドクターボムで勝利。1月13日、清水マリンビル大会でマイク・ベイリーと対戦。14分11秒、ドクターボムで勝利。1月14日、新木場1stRING大会で石川修司と対戦。16分40秒、ジャイアントスラムに敗れた。リーグ戦は3勝3敗に終わった。2月25日、後楽園ホール大会で丸藤正道と対戦。13分2秒、虎王に敗れた。3月11日、アゼリア大正ホール大会でHARASHIMAと対戦。11分51秒、バズソーキックにKO負け。3月25日、両国国技館大会で関本と組んでHARASHIMA、丸藤組のタッグ王座に挑戦。17分49秒、樋口が轟天でHARASHIMAに勝利。KO−Dタッグ王座を獲得した。4月10日、新木場1stRING大会で竹下と対戦。20分時間切れ引き分け。5月1日、新木場1stRING大会で梅田、MAO組を相手にタッグ王座の防衛戦。15分44秒、樋口がドクターボムでMAOに勝利。5月8日、新木場1stRING大会で上野勇希と対戦。6分21秒、ドクターボムで勝利。5月20日、後楽園ホール大会で梅田と対戦。6分58秒、両者KO。6月5日、新木場1stRING大会で竹下、勝俣組を相手にタッグ王座の防衛戦。19分44秒、樋口がドクターボムで勝俣に勝利。6月24日、後楽園ホール大会のメインで入江のKO−D王座に挑戦。20分58秒、キャノンボールドロップからのビーストボンバーに敗れた。6月26日、新木場1stRING大会で遠藤、ポーリー組を相手にタッグ王座の防衛戦。21分25秒、ポーリーのリバース・スプラッシュに樋口が敗れて王座転落。7月31日、新木場1stRING大会でのKING OF DDTトーナメント1回戦で松永智充と対戦。9分11秒、ドクターボムで勝利。8月4日、新木場1stRING大会での2回戦で遠藤と対戦。12分41秒、シューティングスタープレスに敗れた。9月8日、成増アクトホール大会でライアン・デイビッドソンと対戦。9分35秒、ドクターボムで勝利。9月9日、小田原アリーナ・サブアリーナ大会で飯野雄貴と対戦。7分59秒、ぶちかましからの片エビ固めでフォール勝ち。9月23日、後楽園ホール大会でイーサン・ペイジと対戦。7分48秒、雪崩式アバランシュホールドに敗れた。10月7日、ススキノ・マルスジム大会で上野勇希と対戦。12分32秒、ドクターボムで勝利。10月30日、新木場1stRING大会で島谷常寛と対戦。8分26秒、変型カナディアンバックブリーカーで勝利。同日から始まったノアのグローバルリーグ戦に参戦。11月8日、後楽園ホール大会で潮崎豪と対戦。13分28秒、ラリアットに敗れた。11月12日、広島産業会館・西展示館大会で清宮海斗と対戦。10分25秒、カウンター式ドクターボムで勝利。11月16日、世界館大会でヨネと対戦。7分40秒、キン肉バスターに敗れた。11月18日、京都KBSホール大会でGHC王者の杉浦貴と対戦。14分8秒、オリンピック予選スラムに敗れた。11月21日、会津若松市文化センター大会で小峠篤司と対戦。8分2秒、ドクターボムで勝利。11月22日、仙台PIT大会でマイバッハ谷口と対戦。9分29秒、マイバッハボムツヴァイに敗れた。11月23日、横浜ラジアントホール大会でコーディ・ホールと対戦。8分17秒、ドクターボムで勝利。リーグ戦は3勝4敗に終わった。11月30日から始まった「D王 GRAND PRIX」に参戦。開幕戦の新宿FACE大会で潮ア豪と対戦。16分5秒、ラリアットに敗れた。12月2日、ふじさんめっせ大会で彰人と対戦。10分54秒、アンクルパッケージホールドにフォール負け。12月7日、新木場1stRING大会でHARASHIMAと対戦。17分13秒、ドクターボムで勝利。12月8日、大阪・世界館大会でプーマ・キングと対戦。7分53秒、ドクターボムで勝利。12月9日、博多スターレーン大会でMAOと対戦。13分46秒、ドクターボムで勝利。12月15日、名古屋市中スポーツセンター大会で佐々木大輔と対戦。16分41秒、クロスオーバー・フェイスロックに敗れた。リーグ戦は3勝3敗に終わった。 19年2月3日、名古屋市中スポーツセンター大会で飯野雄貴と対戦。13分37秒、ドクターボムで勝利。4月29日、板橋区立グリーンホール大会でKING OF DDTトーナメントに参戦し、1回戦で梅田公太と対戦。13分3秒、ドクターボムで勝利。5月6日、ススキノ・マルスジム大会での2回戦で高梨将弘と対戦。7分12秒、ドクターボムで勝利。5月19日、後楽園ホール大会での準決勝で竹下幸之介と対戦。8分41秒、ラリアットに敗れた。6月30日、後楽園ホール大会で納谷幸男と対戦。8分16秒、ドクターボムで勝利。7月6日、せいせき・アウラホール大会で飯野雄貴と対戦。14分50秒、ダイビング・ボディプレスで勝利。7月7日、大阪市立平野区民ホール大会で練習生の中村圭吾とエキシビションマッチ。5分7秒、キャメルクラッチで勝利。9月1日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で黒潮“イケメン”二郎と組んで佐々木大輔、高尾蒼馬組のKO−Dタッグ王座に挑戦。17分22秒、佐々木のクロスオーバー・フェイスロックに黒潮が敗れた。9月3日、試合中に右膝後十字靭帯断裂の重傷を負い長期欠場。12月28日、後楽園ホール大会で復帰戦を行い、坂口征夫と組んでブル・ジェームス、納谷幸男組と対戦。7分36秒、樋口がドクターボムで納谷に勝利。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP