ダークロHP / レスラーノート

チェーズ・オーエンズ
CHASE OWENS


1990年3月7日
テネシー州出身
185cm 93kg
タイトル歴:NWA世界ジュニア
得意技:パッケージドライバー ローリングエルボー スウィンギング・スリングショット・バックブリーカー

07年にデビュー。インディー団体を転戦。12年10月13日、テネシー州キングスポートでNWA世界ジュニア王座を獲得。13年8月10日、テネシー州キングスポートでジェイソン・キンケイドに敗れて王座転落。10月18日、テキサス州ヒューストンでキンケイドを破り王座奪回。14年1月4日、テネシー州キングスポートでリック・モートンに敗れて王座転落。3月7日、テネシー州チャーチ・ヒルでモートンを破りNWA世界ジュニア王座を奪回。10月13日、新日本プロレスの両国国技館大会でBUSHIを相手に防衛戦。7分2秒、パッケージドライバーで勝利。試合後のリング上で、NWAのサープ社長と共に次期挑戦者に獣神サンダーライガーを指名した。11月8日、大阪府立体育会館大会でライガーを相手に防衛戦。9分27秒、垂直落下式ブレーンバスター2連発に敗れて王座転落。15年2月14日、新日本プロレスの仙台サンプラザホール大会でライガーのNWA世界ジュニア王座に挑戦。7分49秒、ヨーロピアン・クラッチにフォール負け。5月22日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会でバルバロ・カベルナリオと対戦。7分15秒、カベルナリアに敗れた。5月25日、燕市民体育館大会でバレッタと対戦。10分19秒、雪崩式フロントスープレックス、ジャンピングニーアタックからのデュードバスターに敗れた。5月27日、青森県武道館大会でライガーと対戦。8分7秒、飛びつきリバースDDTからのパッケージドライバーで勝利。5月29日、ニューサンピア栃木大会で小松洋平と対戦。7分42秒、飛びつきリバースDDTからのパッケージドライバーで勝利。5月31日、キラメッセぬまづ大会で外道と対戦。7分57秒、飛びつきリバースDDTからのパッケージドライバーで勝利。6月4日、茅野市民館マルチホール大会でカイル・オライリーと対戦。11分54秒、フロントネックロックに敗れた。6月5日、後楽園ホール大会で田口隆祐と対戦。18分27秒、パッケージドライバーで勝利。リーグ戦を4勝3敗で終えた。6月7日、国立代々木競技場・第2体育館大会で4代目タイガーマスクと対戦。6分24秒、タイガードライバー、腕ひしぎ逆十字固めからのリバースダブルアームバーに敗れた。10月24日、後楽園ホール大会でのスーパージュニアタッグトーナメント1回戦でケニー・オメガと組んでロメロ、バレッタ組と対戦。13分11秒、合体技のストロングゼロをくらってバレッタにオーエンズがフォール負け。 16年5月21日から始まった新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。5月22日、キラメッセぬまづ大会でウィル・オスプレイと対戦。9分58秒、セカンドロープから飛んできたところをドロップキックで迎撃し、プリンスズスロウンからのパッケージドライバーで勝利。5月24日、米沢市営体育館大会でライガーと対戦。7分12秒、飛びつき回転十字架固めにフォール負け。5月27日、後楽園ホール大会で4代目タイガーマスクと対戦。セコンドの高橋裕二郎を介入させたが、6分46秒、パッケージドライバーをバックスープレックスで切り返されてエビ固めにフォール負け。5月30日、米子コンベンションセンター大会でバレッタと対戦。9分53秒、凶器攻撃からのパッケージドライバーで勝利。6月2日、名古屋国際会議場イベントホール大会でボラドール・ジュニアと対戦。10分28秒、雪崩式フランケンシュタイナーに敗れた。6月5日、ニューサンピア高崎大会でボビー・フィッシュと対戦。10分36秒、ヒールホールドに敗れた。6月6日、仙台サンプラザホール大会でリコシェと対戦。10分21秒、後方回転足折り固めでフォール勝ち。リーグ戦は3勝4敗に終わった。7月3日、岩手産業文化センター大会でデビッド・フィンレーと対戦。6分54秒、パッケージドライバーで勝利。11月18日から始まった新日本プロレスの「WORLD TAG LEAGUE」にケニー・オメガと組んで参戦。3勝4敗でリーグ戦を終えた。12月16日、後楽園ホール大会で石井智宏と対戦。8分25秒、垂直落下式ブレーンバスターに敗れた。 17年3月30日、秋田ふるさと村ドーム劇場大会で岡倫之と対戦。6分28秒、パッケージドライバーで勝利。8月5日、大阪府立体育会館大会で北村克哉と対戦。4分57秒、パッケージドライバーで勝利。8月8日、横浜文化体育館大会で岡倫之と対戦。5分36秒、パッケージドライバーで勝利。11月18日から始まった「WORLD TAG LEAGUE」にファレと組んで参戦。3勝4敗でリーグ戦を終えた。その後もバレットクラブのメンバーとして新日本プロレスに出場。 18年9月8日、後楽園ホール大会で吉田綾斗と対戦。8分34秒、パッケージドライバーで勝利。9月11日、四日市市中央緑地第2体育館大会で吉田綾斗と対戦。5分55秒、パッケージドライバーで勝利。9月29日、ROHのネバダ州ラスベガス大会でケニー・キングと対戦。ケニーが足を負傷したように見せかけ、油断した隙をつかれて首固めにフォール負け。 19年3月8日、後楽園ホール大会での「NEW JAPAN CUP」1回戦でジュース・ロビンソンと対戦。24分36秒、パッケージドライバーで勝利。3月13日、ジップアリーナ岡山大会での2回戦でYOSHI−HASHIと対戦。14分10秒、カルマに敗れた。3月24日、アオーレ長岡大会でジュース・ロビンソンのIWGP・USヘビー級王座に挑戦。22分12秒、パルプフリクションに敗れた。4月20日、愛知県体育館大会でマイキー・ニコルスと対戦。8分56秒、マイキーボムに敗れた。4月29日、グランメッセ熊本大会でジュース・ロビンソンと対戦。8分43秒、パルプフリクションに敗れた。6月17日、後楽園ホール大会で高橋裕二郎、エル・ファンタズモと組んで真壁刀義矢野通、田口隆祐組のNEVER6人タッグ王座に挑戦。15分41秒、矢野の横入り式エビ固めに高橋がフォール負け。6月30日、オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学ラウンドハウス大会でアーロン・ソロウと対戦。12分20秒、パッケージドライバーで勝利。8月24日、ROHのジョージア州アトランタ大会でLSG、PJブラックと3WAYマッチ。オーエンズがパッケージパイルドライバーでLSGに勝利。8月25日、ROHのテネシー州ナッシュビル大会でシェイン・テイラーのROH・TV王座に挑戦。グリーティングス・フロム216に敗れた。11月16日から始まったWORLD TAG LEAGUEにファレと組んで参戦。6勝9敗に終わった。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP