ダークロHP / レスラーノート

石井慧介

1985年2月6日
埼玉県入間市出身
171cm 80kg
タイトル歴:KO−Dタッグ アジアタッグ 世界ジュニア
得意技:ダブルアームDDT タイガースープレックス

07年、全日本プロレスの練習生としてデビューを目指したが、脱走して退団。 08年7月6日、後楽園ホール大会で柿本大地を相手にデビュー。6分18秒、逆エビ固めに敗れた。 11年4月7日、新日本プロレスの新木場1stRING大会でベスト・オブ・ザ・スーパージュニア出場権を賭けたトーナメントに参戦。1回戦で高橋広夢と対戦。8分18秒、ダブルアーム式DDTで勝利。4月8日、同会場での準決勝でタイチと対戦。4分15秒、高角度逆エビ固めに敗れた。 12年8月26日、後楽園ホール大会で高尾蒼馬、入江茂弘と「 チーム・ドリーム・フューチャーズ(チームドリフ)」を結成。 13年1月12日、大阪・西区民センター大会で入江、高尾と組んでKO−D6人タッグ王座を獲得。1月27日、後楽園ホール大会でモンスターアーミーに敗れて6人タッグ王座から転落。10月27日、全日本プロレスの両国国技館大会で入江と組んで鈴木鼓太郎青木組のアジアタッグ王座に挑戦。20分14秒、青木のアサルトポイントに石井が敗れた。 14年4月29日、後楽園ホール大会で入江と組んで秋山準金丸義信組のアジアタッグ王座に挑戦。11分41秒、石井が首固めで金丸にフォール勝ち。アジアタッグ王座を獲得。5月16日、全日本プロレスの後楽園ホール大会で宮原健斗、鈴木鼓太郎組を相手にタッグ王座の防衛戦。13分30秒、入江が自分が垂直落下式バックフリップで鼓太郎に勝利。6月22日、松山市総合コミュニティセンター大会でMIKAMI、木高組を相手にタッグ王座の防衛戦。14分16秒、石井がタイガースープレックスでMIKAMIに勝利。7月27日、全日本プロレスの後楽園ホール大会で長井、南野組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分35秒、石井がニールキックで南野に勝利。8月16日、全日本プロレスの後楽園ホール大会のメインで宮原、鈴木鼓太郎組を相手にタッグ王座の防衛戦。15分45秒、鼓太郎のタイガードライバーに入江が敗れてアジアタッグ王座から転落した。8月24日、埼玉・ふれあいキューブ大会での挑戦者決定トーナメント1回戦で彰人と対戦。13分17秒、高角度ダブルアームDDTで勝利。8月27日、全日本プロレスの茅野市民館マルチホール大会でSUSHIと対戦。8分14秒、ニールキックで勝利。8月31日、新宿FACE大会でのトーナメント決勝で遠藤哲哉と対戦。17分57秒、ニールキックからの高角度ダブルアームDDTで勝利。王座挑戦権を獲得した。9月13日、大阪府立体育会館第2競技場大会でHARASHIMAのKO−D王座に挑戦。20分31秒、蒼魔刀に敗れた。10月8日から始まった全日本プロレスのJr TAG BATTLE OF GLORYに高尾蒼馬と組んで参戦。2勝1敗1引き分けでリーグ戦を終えた。 15年2月7日から始まった全日本プロレスの「Jr BATTLE OF GLORY」に参戦。開幕戦の大阪府立体育会館第2競技場大会で青木と対戦。10分10秒、トラップオーバーに敗れた。2月9日、三重県営サンアリーナ・サブアリーナ大会で中島洋平と対戦。9分41秒、タイガースープレックスで勝利。2月11日、館林市民体育館大会で南野タケシと対戦。8分26秒、高角度前方回転エビ固めでフォール勝ち。2月16日、金沢流通会館大会でウルティモ・ドラゴンと対戦。11分44秒、アサイDDTに敗れた。リーグ戦を2勝2敗で終えた。4月29日、後楽園ホール大会で入江と組んで関本岡林組のKO−Dタッグ王座に挑戦。18分46秒、関本のジャーマンスープレックスに石井が敗れた。5月21日、全日本プロレスの後楽園ホール大会で鈴木鼓太郎の世界ジュニア王座に挑戦。雪崩式リバースフランケンシュタイナー、エプロンでのフランケンシュタイナーなどで攻めたてたが、タイガースープレックスをカウント2で返され、14分2秒、レクイエムに敗れた。6月6日、春日部ふれあいキューブ大会でのKING OF DDTトーナメント1回戦で坂口征夫と対戦。10分3秒、神の右に敗れた。11月3日、名古屋国際会議場大会で彰人と対戦。12分26秒、高角度ダブルアームDDTで勝利。11月22日、広島県立広島産業会館東展示館大会で遠藤哲哉と対戦。13分47秒、スカイツイスタープレスに敗れた。11月23日、豊橋市総合体育館第2競技場大会で中津良太と対戦。8分11秒、ニールキックで勝利。 16年1月23日、所沢市民体育館サブアリーナ大会で入江と組んで木高イサミ、宮本裕向組のアジアタッグ王座に挑戦。20分39秒、木高の勇脚・斬をくらって石井が敗れた。5月15日、名古屋国際会議場大会で入江、高尾と組んで樋口、勝俣、岩崎組の6人タッグ王座に挑戦。15分9秒、高尾がジントニックで岩崎に勝利。KO−D6人タッグ王座を獲得した。5月29日、後楽園ホール大会でHARASHIMA、彰人、ヤス・ウラノ組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。9分57秒、高尾がジントニックでウラノに勝利。この試合でチームドリフが解散。6人タッグ王座を返上した。6月5日、春日部ふれあいキューブ大会でのKING OF DDTトーナメント1回戦で高尾蒼馬と対戦。11分19秒、ジントニックに敗れた。6月18日、福山ビッグローズ大会でヤス・ウラノと対戦。6分38秒、高角度ダブルアームDDTで勝利。9月30日、DDT・DNAの北沢タウンホール大会でレッカと対戦。8分、タイガースープレックスで勝利。11月27日、全日本プロレスの両国国技館大会で高尾蒼馬の世界ジュニア王座に挑戦。14分29秒、シューティングスタープレスで勝利。12月11日、博多スターレーン大会でディーノと組んで竹下、マイク・ベイリー組のKO−Dタッグ王座に挑戦。24分、ベイリーのシューティングスター・ダブルニードロップにディーノが敗れた。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP