ダークロHP / レスラーノート

ブラックバファロー

本名:山田圭介
1974年7月6日
鳥取県鳥取市出身
176cm 86kg
タイトル歴:大阪プロレス選手権 大阪プロレスタッグ KFCタッグ VKF王座
得意技:シュラスコ バファロードライバー

93年4月、高校卒業と同時にオリエンタルプロレスに入団。PWCでデビュー。オリエンタルプロレス崩壊後、新格闘プロレスに入団。その後、IWAジャパンに入団。 99年、IWAジャパンを退団。4月29日、マスクマンのブラックバファローとして大阪プロレスの旗揚げに参加。ルード軍団「L・O・V」に所属する。 01年2月、L・O・Vが解散。ルード軍団「FLUXxx」に参加。ツバサとタッグチーム「インフィニティ」を結成。7月21日、ツバサと組んで大阪プロレスタッグ王座を獲得。 02年、ツバサと共にFLUXxxを追放された。8月25日、大阪プロレスタッグ王座を獲得。 03年、ツバサと仲間割れしてインフィニティを解散し、ルード軍団「岸和田愚連隊」に参加。 04年12月19日、大王QUALLTと組んで、大阪プロレスタッグ王座を獲得。 06年2月26日、ビリーケン・キッドと組んで大阪プロレスタッグ王座を獲得。その後、長期欠場。 07年、メキシコのAAAに出場。6月30日、大阪プロレスに復帰。 08年2月、タイガースマスクとの覆面剥ぎマッチに敗れてマスクを脱いだ。 09年1月1日、タイガースマスクと組んで大阪プロレスタッグ王座を獲得。5月20日、タイガースマスクと組んで大阪プロレスタッグ王座を獲得。 12年3月25日、大阪プロレス選手権を獲得。 14年4月4日、ナスキーホール梅田で自主興行を開催。デビュー20周年記念試合として獣神サンダーライガーと対戦。18分42秒、雪崩式垂直落下式ブレーンバスターに敗れた。4月20日、大阪プロレスを退団。その後、バッファローに改名。5月26日、鬼神道Returnsの新木場1stRING大会のメインでケニー・オメガと対戦。19分、クロイツ・ラスに敗れた。8月10日、フリーダムズの大阪・東区区民センター大会で葛西純を相手にガラスボードデスマッチで対戦。10分58秒、有刺鉄線金属サポーターの上へのリバースタイガードライバーに敗れた。9月25日、フリーダムズの新木場1stRING大会でGENTAROと対戦。13分19秒、シャープシューターを切り返しての首固めでフォール勝ち。11月18日、鬼神道Returnsの新木場1stRING大会で新井健一郎と対戦。13分12秒、逆さ押さえ込みにフォール負け。12月31日、新木場1stRINGでの佐野直の自主興行で木原文人と対戦。5分1秒、ラリアットで勝利。 15年1月12日、フリーダムズの名古屋千種座大会で神威と対戦。3分4秒、ラリアットで勝利。2月16日、VKFプロレスの新木場1stRING大会で矢郷良明のVKF王座に挑戦。17分55秒、ラリアットで勝利。VKF王座を獲得した。3月23日、フリーダムズの後楽園ホール大会で進祐哉と組んでGENTARO、新井組のタッグ王座に挑戦。18分28分、進が腕ひしぎ逆十字固めで新井に勝利。KFCタッグ王座を獲得した。4月16日、フリーダムズの新木場1stRING大会で高岩、Hi69組を相手にタッグ王座の防衛戦。13分22秒、進が前方回転エビ固めで高岩にフォール勝ち。4月20日、VKFプロレスの新木場1stRING大会でGENTAROを相手に防衛戦。18分8秒、バックドロップを押しつぶしての片エビ固めでフォール勝ち。5月1日、フリーダムズの後楽園ホール大会でマンモス佐々木、神威組を相手にタッグ王座の防衛戦。14分39秒、佐々木の29歳に進が敗れて王座転落。5月18日、VKFプロレスの新木場1stRING大会で松田慶三を相手に防衛戦。12分25秒、両者リングアウト。再試合は4分15秒、レフリーが乱闘にまきこまれて無効試合。再々試合は1分38秒、慶三ボトムに敗れて王座転落。9月5日から始まったノアのジュニアタッグリーグ戦にビリーケン・キッドと組んで参戦。リーグ戦は2勝2敗に終わった。 16年1月12日、鬼神道Returnsの新木場1stRING大会で佐藤光留と対戦。7分16秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。7月26日、鬼神道リターンズの新木場1stRING大会で木高イサミと対戦。13分50秒、絶槍に敗れた。 18年3月27日、鬼神道Returnsの新木場1stRING大会で黒潮“イケメン”二郎と対戦。13分38秒、イケメンクラッチにフォール負け。9月12日、全日本プロレスの新木場1stRING大会でTAJIRIのGAORA・TV王座に挑戦。IWA・JAPANの同期との対戦となった。ゴング前に奇襲してペースを握ったが、グリーンミストをくらってしまい、マスクを脱いで素顔に。山田圭介として奮闘したが、12分41秒、2度目のグリーンミストからの首固めにフォール負け。試合後のリング上でTAJIRIが「待て山田。山田圭介。正直、おれたちは同じ団体にいても、ちっとも仲良くはなかったよ。おまえと口をきいた記憶なんかほとんどないよ。だけど、だけど、おれたちはやっぱ同期だよ。これからまた、たぶんおれとおまえは道が分かれて、まったく交わらないかもしれないけど、だけど同期だから。おれ、おまえのことずっと見てるから。今日はありがとうな」とマイク。バッファローも「あんたと戦うために、バッファローじゃダメだと思ったんだ。山田圭介に戻ったよ。嘘だ。毒霧が目に入ったから取っただけだ。ただの偶然だ。特に意味はない。ただ、あんたのことは「同期はいません」って今までずっと答えてたんだよ。「TAJIIRIが同期って言ってくれました」って答えるからよ」と返答。TAJIRIから「またどっかで会おうぜ」と声をかけられた。 19年1月14日、大阪プロレスの大阪市立大淀コミュニティセンター大会でツバサと組んでタコヤキーダー、アルティメット・スパイダー・ジュニア組の大阪プロレスタッグ王座に挑戦。21分1秒、ツバサが十字架固めでスパイダーにフォール勝ち。大阪プロレスタッグ王座を獲得した。3月31日、大阪プロレスの大阪市立此花区民ホール大会でマグニチュード岸和田、吉田隆司組を相手にタッグ王座の防衛戦。18分43秒、岸和田のラストライドにバッファローが敗れて王座転落。4月26日、アライヴの新木場1stRING大会で松崎和彦と対戦。7分22秒、ランニング・ネックブリーカードロップに敗れた。7月14日、いたばしプロレスの板橋グリーンホール大会ですずき心と対戦。8分、ラリアットで勝利。9月21日、東京芸術センター・ホワイトスタジオでの菅沼修の自主興行で人形焼マンと対戦。40秒、前屈で勝利。再試合は6分58秒、バックドロップで勝利。11月2日、大阪市立阿倍野区民センターでのHUBの自主興行でビリーケン・キッドと対戦。9分36秒、ラ・エスパルダでフォール勝ち。11月17日、 OSWの東京芸術センター・ホワイトスタジオ大会でデラえもんと対戦。7分23秒、3歳のころ三輪車の練習中に竹藪に落ちて負傷した脇腹へのクロ―で勝利。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP