ダークロHP / レスラーノート

火野裕士

本名:日野裕介
1985年1月27日
大阪府枚方市出身
178cm 110kg
タイトル歴:STRONGEST‐K STRONGEST‐Kタッグ KO−D無差別 KO−Dタッグ WEWハードコアタッグ KING of FREEDOM WORLD選手権 W−1王座 W−1タッグ NWAインターコンチネンタルタッグ GHCタッグ 九州プロレス選手権
得意技:Fucking Bomb

03年11月23日、千葉BlueField大会で筑前りょう太、ジョー緑山と組んでのTAKAみちのく、Hi69、KAZMA組戦でデビュー。 07年1月7日、後楽園ホール大会で稲松三郎と組んでJOE、ヤス・ウラノ組を破りSTRONGEST−Kタッグ王座を獲得。5月6日、Blue Field大会でYOSHIYA、MIYAWAKI組に敗れてタッグ王座から転落。 08年4月13日、後楽園ホール大会で真霜拳號の王座に挑戦。23分57秒、ジャーマンスープレックスで勝利。STRONGEST−K王座を獲得。5月6日、Blue Field大会でYOSHIYAを相手に防衛戦。19分53秒、パワーボムで勝利。6月12日、新宿FACE大会で円華を相手に防衛戦。19分53秒、コーナーへの串刺しラリアットで勝利。8月9日、千葉ポートアリーナ・サブアリーナ大会で真霜を相手に防衛戦。30分19秒、垂直落下式ブレーンバスターに敗れて王座転落。 10年2月、旭志織と組んで「KAIENTAI−DOJOという名のタッグリーグ戦」に優勝。3月17日、K−DOJOの新木場1stRING大会で稲松と組んでバラモンシュウバラモンケイ組のタッグ王座に挑戦。15分59秒、稲松がデスバレーボムでケイに勝利。WEWハードコアタッグ王座を獲得。4月2日、後楽園ホール大会でSTRONGEST−Kタッグ王者の真霜拳號、柏大五郎組を相手にダブルタイトルマッチ。13分21秒、稲松がデスバレーボムで真霜に勝利。タッグ王座の二冠王となった。5月5日、Blue Field大会で滝澤、梶組を相手にタッグ王座の防衛戦。19分5秒、滝トマ・スカイハイをくらって滝澤に稲松がフォール負け。STRONGEST−Kタッグ王座から転落した。7月、STRONGEST−Kトーナメントに優勝。8月15日、千葉ポートアリーナ・サブアリーナ大会でKAZMAの王座に挑戦。25分38秒、ジャーマンスープレックスで勝利。STRONGEST−K王座を獲得。9月19日、Blue Field大会で山縣、関根組を相手にWEWタッグ王座の防衛戦。21分12秒、火野が有刺鉄線チェアーへのFucking Bombで関根に勝利。11月23日、Blue Field大会で稲松を相手に防衛戦。20分17秒、Fucking Bombで勝利。12月25日、後楽園ホール大会で滝澤を相手に防衛戦。25分13秒、逆水平チョップで勝利。 11年3月20日、Blue Field大会で真霜、関根組を相手にWEWタッグ王座の防衛戦。22分51秒、関根のハードコアボディプレスに稲松が敗れて王座転落。4月17日、後楽園ホール大会でクワイエット・ストームを相手に防衛戦。18分43秒、ジャーマンスープレックスで勝利。5月5日、Blue Field大会でKAZMAを相手に防衛戦。19分37秒、Fucking Bombで勝利。6月18日、後楽園ホール大会で真霜を相手に防衛戦。30分31秒、垂直落下式ブレーンバスターに敗れて王座転落。 12年5月6日、REINAアリーナ大会で稲松と組んでTAKAみちのく、真霜組のタッグ王座に挑戦。21分57秒、稲松がデスバレーボムでTAKAに勝利。STRONGEST−Kタッグ王座を獲得。6月17日、大阪ムーブオンアリーナ大会で旭、トウナイ組を相手にタッグ王座の防衛戦。18分、旭の飛びつき式胴締め固めに稲松が敗れて王座転落。7月8日、千葉ポートアリーナ・サブアリーナ大会で関本大介と対戦。21分58秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。9月19日、新宿FACE大会でYOSHIYAと組んで佐々木貴、神威組を相手にタッグ王座決定戦。YOSHIYAがアンダー・ザ・マウンテンで神威に勝利。WEWハードコアタッグ王座を獲得した。10月4日、紅白プロレスの新宿FACE大会で沖本摩幸と対戦。4分54秒、Fucking Bombで勝利。10月7日、札幌テイセンホール大会で関本のSTRONGEST−K王座に挑戦。18分40秒、両者KO。再試合でも1分52秒、両者KOとなった。11月13日、後楽園ホール大会で関本の王座に挑戦。21分19秒、ジャーマンスープレックスで勝利。STRONGEST−K王座を獲得した。12月24日、REINAアリーナ大会で旭を相手に防衛戦。21分27秒、Fucking Bombで勝利。 13年1月26日、REINAアリーナ大会で稲松と組んで真霜、関根組のSTRONGEST−Kタッグ王座に挑戦。16分15秒、関根の龍切に稲松が敗れた。4月14日、後楽園ホール大会で滝澤を相手に防衛戦。21分42秒、高飛車に敗れて王座転落。10月12日から離断性骨軟骨炎による右肘手術のため長期欠場。 14年1月26日、Blue Field大会で復帰し、Hi69と組んで関根、タンク永井組と対戦。17分27秒、火野がFucking Bombで関根に勝利。1月30日、フリーダムズの新木場1stRING大会で佐々木貴と対戦。15分時間切れ引き分け。1月31日、W−1の後楽園ホール大会でKAIと対戦。7分27秒、Fucking Bombで勝利。3月2日、Blue Field大会でHi69と組んでTAKAみちのく、梶組のタッグ王座に挑戦。17分34秒、Hi69がニーパッドを外してのトランスレイブで梶に勝利。STRONGEST−Kタッグ王座を獲得。3月13日、フリーダムズの後楽園ホール大会で葛西純を相手にハードコアマッチ。17分18秒、机の破片へのFucking Bombで勝利。3月22日、W−1の後楽園ホール大会で中之上靖文と対戦。8分47秒、Fucking Bombで勝利。4月13日、後楽園ホール大会でカズ・ハヤシ近藤組を相手にタッグ王座の防衛戦。17分28秒、火野がFucking Bombでハヤシに勝利。5月2日、フリーダムズの後楽園ホール大会で佐々木貴の王座に挑戦。16分57秒、Fucking Bombで勝利。KING of FREEDOM WORLD選手権を獲得した。5月4日、W−1の東京ドームシティホール大会で中之上、吉岡組を相手にSTRONGEST−Kタッグ王座の防衛戦。11分42秒、火野がFucking Bombで中之上に勝利。5月11日、K−DOJOのBlue Field大会で征矢学と対戦。18分20秒、ジャーマンスープレックスで勝利。5月17日、岩手・サンレック北上大会で柏、TEPPEI組を相手にタッグ王座の防衛戦。12分21秒、火野がFucking Bombで柏に勝利。5月22日、W−1の後楽園ホール大会のメインでKAIと対戦。12分40秒、スプラッシュプランチャに敗れた。6月8日、後楽園ホールでの小橋建太プロデュース興行のメインで佐藤耕平と組んで宮原、関本組と対戦。30分時間切れ引き分け。延長戦が行われ、5分時間切れ引き分け。6月22日、大阪・若獅子会館大会で真霜、ムーンシャイン・マンテル組を相手にタッグ王座の防衛戦。23分22秒、火野がFucking Bombでマンテルに勝利。6月24日、W−1の熊本市流通情報会館大会で稲葉大樹と対戦。10分40秒、Fucking Bombで勝利。6月27日、W−1の後楽園ホール大会で浜亮太と対戦。8分23秒、ラリアットで勝利。7月21月、Blue Field大会で梶、リッキー・フジ組を相手にタッグ王座の防衛戦。14分53秒、Hi69がHHスプラッシュで梶に勝利。7月24日、フリーダムズの新木場1stRING大会で藤田ミノルを相手に防衛戦。13分48秒、Fucking Bombで勝利。8月24日、TKPガーデンシティ千葉大会で旭、トウナイ組を相手にタッグ王座の防衛戦。27分41秒、火野がFucking Bombでトウナイに勝利。9月15日、フリーダムズの一関市総合体育館大会で葛西純を相手に防衛戦。18分10秒、バックスライドボムに敗れて王座転落。10月12日、札幌テイセンホール大会で稲松、柏組を相手にタッグ王座の防衛戦。22分7秒、火野がFucking Bombで柏に勝利。11月3日、後楽園ホール大会で梶トマト、旭志織組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分22秒、梶のレッドアイにHi69が敗れて王座転落。 15年2月22日、TKPガーデンシティ千葉大会で真霜のSTRONGEST−K王座に挑戦。34分20秒、両者KO。3月21日、大日本プロレスの博多スターレーン大会のメインで岡林と組んで石川修司、佐藤耕平組のBJWタッグ王座に挑戦。20分41秒、石川のスプラッシュマウンテンに岡林が敗れた。4月12日、後楽園ホールでの13周年記念大会のメインで真霜拳號のSTRONGEST−K王座に挑戦。25分55秒、Fucking Bombで勝利してSTRONGEST−K王座を獲得した。5月1日、DDTの北沢タウンホール大会で宮武俊と対戦。8分38秒、ラリアットで勝利。5月3日、Blue Field大会で滝澤大志と対戦。9分13秒、チョップからの体固めでフォール勝ち。5月6日、Blue Field大会でHi69と組んで梶、旭組のSTRONGEST−Kタッグ王座に挑戦。21分57秒、旭のピンボールジャックナイフ固めにHi69がフォール負け。6月7日、Blue Field大会で稲松三郎を相手に防衛戦。18分47秒、Fucking Bombで勝利。7月12日、Blue Field大会のメインでヒロ・トウナイを相手に防衛戦。21分27秒、ドラゴンクラッチでギブアップ勝ち。8月9日、Blue Field大会での海王トーナメント1回戦で十嶋くにおと対戦。7分4秒、ラリアットで勝利。同日の2回戦で旭志織と対戦。10分、時間切れ引き分け。再試合は1分51秒、スタンディング・ドラゴンスリーパーで勝利。同日の準決勝で佐藤悠己と対戦。9分20秒、ニュー・トルネードクラッチにフォール負け。9月6日、TKPガーデンシティ千葉大会のメインでタンク永井を相手に防衛戦。16分58秒、ダイビングセントーンに敗れて王座転落。9月10日、全日本プロレスの後楽園ホール大会での王道トーナメント1回戦でゼウスと対戦。11分26秒、ラリアットで勝利。9月24日、郡山市南東北総合卸センター大会での2回戦で金丸義信と対戦。11分39秒、Fucking Bombで勝利。9月26日、後楽園ホール大会での準決勝で秋山準と対戦。12分42秒、リストクラッチ式エクスプロイダーに敗れた。10月27日、K−DOJOを退団。11月27日、W−1の後楽園ホール大会に登場。KAZMA率いる「リアルデスペラード」に加入。12月5日、横浜ラジアントホール大会で中之上と対戦。6分40秒、Fucking Bombで勝利。12月24日、W−1の後楽園ホール大会で黒潮と対戦。9分24秒、Fucking Bombで勝利。 16年1月10日、W−1の後楽園ホール大会のメインで征矢の王座に挑戦。16分53秒、Fucking Bombで勝利。W−1王座を獲得した。2月10日、W−1の後楽園ホール大会のメインで田中稔を相手に防衛戦。20分59秒、Fucking Bombで勝利。2月27日、W−1の横浜ラジアントホール大会で稲葉大樹と対戦。8分26秒、Fucking Bombで勝利。3月6日、W−1の夢メッセみやぎ大会でKAZMAと組んで河野、近藤組のタッグ王座に挑戦。17分47秒、火野がFucking Bombで近藤に勝利。W−1タッグ王座を獲得した。3月13日、W−1の後楽園ホール大会で近藤を相手に防衛戦。16分6秒、Fucking Bombで勝利。4月6日、W−1の後楽園ホール大会で征矢、葛西組を相手にタッグ王座の防衛戦。17分56秒、火野がFucking Bombで征矢に勝利。4月17日、W−1の博多スターレーン大会でKAZMA、論外と組んでハヤシ、TAJIRI、田中稔組の6人タッグ王座に挑戦。20分、TAJIRIのバズソーキックに論外が敗れた。4月28日、W−1の豊中市立ローズ文化ホール大会で中之上、吉岡組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分1秒、火野がFucking Bombで吉岡に勝利。5月4日、W−1の後楽園ホール大会のメインでKAIを相手に防衛戦。20分、雁之助クラッチにフォール負けして王座転落。5月15日、W−1のBlue Field大会で中之上と対戦。10分37秒、Fucking Bombで勝利。6月8日、W−1の後楽園ホール大会で中之上、岡林組を相手にタッグ王座の防衛戦。15分36秒、中之上のナックアウェイにKAZMAが敗れて王座転落。6月15日、W−1の新宿FACE大会での「WRESTLE−1 GRAND PRIX」1回戦で浜と対戦。10分49秒、Fucking Bombで勝利。6月26日、W−1の千葉・臨海体育館大会での2回戦で中之上と対戦。9分14秒、Fucking Bombで勝利。7月1日、W−1の後楽園ホール大会での準決勝でカズ・ハヤシと対戦。5分16秒、Fucking Bombで勝利。同日の決勝で征矢と対戦。15分、ワイルドボンバーに敗れた。7月9日、W−1の御殿場市民会館大会で村瀬広樹と対戦。8分7秒、Fucking Bombで勝利。8月14日、W−1の名古屋市中村スポーツセンター大会で村瀬と対戦。10分56秒、Fucking Bombで勝利。9月18日、W−1の後楽園ホール大会で土肥と対戦。8分14秒、Fucking Bombで勝利。10月10日、W−1の千葉県立館山運動公園体育館大会で黒潮と対戦。6分13秒、Fucking Bombで勝利。10月28日、W−1の熊本市流通情報会館大会で熊ゴローと対戦。13分21秒、Fucking Bombで勝利。10月30日、W−1の都城市高崎町総合体育館大会で村瀬と対戦。9分57秒、Fucking Bombで勝利。11月3日、W−1のキラメッセぬまづ大会で吉岡と対戦。11分2秒、Fucking Bombで勝利。 17年2月5日、K−DOJOのBlue Field大会で稲松三郎の引退試合の対戦相手として出場。19分28秒、ジャーマンスープレックスで勝利。この試合後、ヒジの手術のため長期欠場。8月27日、W−1のBlue Field大会で復帰。クワイエット・ストームと組んで征矢、関本組と対戦。20分時間切れ引き分け。延長戦を行い、5分時間切れ引き分けに終わった。9月2日、W−1の横浜文化体育館大会で河野、MAZADAと組んで征矢、論外、岩石組のUWA世界6人タッグ王座に挑戦。11分23秒、論外の超高校級ラ・マヒストラルにMAZADAがフォール負け。9月24日から始まったW−1タッグリーグ戦にジェイク・オーメンと組んで参戦。3戦全勝でリーグ戦を突破。10月11日、後楽園ホール大会での決勝トーナメント準決勝で熊ゴロー、土肥組と対戦。9分44秒、熊ゴローのダイビングセントーンにジェイクが敗れた。11月12日、W−1のえすぽわーる伊佐沼大会で熊ゴローと対戦。7分32秒、Fucking Bombで勝利。12月3日、九州プロレスのアクロス福岡大会で野崎広大と対戦。5分43秒、Fucking Bombで勝利。12月10日、W−1の後楽園ホール大会でジェイク・オーメンと組んで熊ゴロー、土肥組のW−1タッグ王座に挑戦。16分4秒、土肥の垂直落下式ブレーンバスターにオーメンが敗れた。12月22日、FMWの新木場1stRING大会で黒田哲広と対戦。10分50秒、Facking Bombで勝利。 18年1月28日、ZERO1の大阪府立体育会館・第2競技場大会で佐藤耕平と対戦。10分16秒、Fucking Bombで勝利。3月4日、ZERO1の後楽園ホール大会で田中将斗と組んで岡本、吉江組のタッグ王座に挑戦。17分1秒、火野がFacking Bombで岡本に勝利。NWAインターコンチネンタルタッグ王座を獲得した。3月18日、ZERO1の名古屋市露橋スポーツセンター大会で小幡、佐藤耕平組を相手にタッグ王座の防衛戦。23分2秒、田中がスライディングDで小幡に勝利。4月7日から始まった全日本プロレスのチャンピオンカーニバルに参戦。開幕戦の仙台サンプラザホール大会で石川修司と対戦。12分48秒、Fucking Bombで勝利。4月8日、ZERO1の靖国神社大会で佐藤耕平と対戦。12分27秒、Fucking Bombで勝利。4月11日、金沢流通会館大会でジョー・ドーリングと対戦。8分47秒、Fucking Bombで勝利。4月14日、広島マリーナホップ大会で野村直矢と対戦。7分28秒、Fucking Bombで勝利。4月15日、博多スターレーン大会で鷹木信悟と対戦。16分25秒、Fucking Bombで勝利。4月18日、松山市総合コミュニティセンター大会で崔領二と対戦。9分54秒、エビ固めにフォール負け。4月20日、大阪府立体育会館・第2競技場大会でボディガーと対戦。7分17秒、ラリアットに敗れた。4月29日、後楽園ホール大会で三冠王者の宮原健斗と対戦。19分32秒、シャットダウンスープレックスに敗れた。リーグ戦は4勝3敗に終わった。5月27日、九州プロレスの唐津市文化体育館大会で桜島なおきと対戦。14分11秒、Facking Bombで勝利。6月24日、ZERO1の博多スターレーン大会で佐藤耕平、SUGI組を相手にタッグ王座の防衛戦。15分46秒、火野がFacking BombでSUGIに勝利。7月8日から始まったZERO1の火祭りに参戦。7月10日、名古屋市露橋スポーツセンター大会で大谷晋二郎と対戦。13分2秒、Fucking Bombで勝利。7月13日、宮城野区文化センター大会でスーパー・タイガーと対戦。10分45秒、Fucking Bombで勝利。7月14日、青森市内大会で大和ヒロシと対戦。8分24秒、Fucking Bombで勝利。7月15日、はまなす会館大会でハートリー・ジャクソンと対戦。11分44秒、Fucking Bombで勝利。7月22日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で佐藤耕平と対戦。7分20秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。7月25日、万代シテイパーク特設リング大会でSUGIと対戦。13分36秒、回転エビ固めにフォール負け。リーグ戦は4勝2敗に終わった。8月5日、ZERO1の川崎競馬場大会でハートリー・ジャクソン、クリス・ヴァイス組を相手にタッグ王座の防衛戦。14分1秒、火野がFucking Bombでジャクソンに勝利。8月19日、ZERO1の新木場1stRING大会で将軍岡本と対戦。9分11秒、Fucking Bombで勝利。8月26日、全日本プロレスの千葉県流山市・キッコーマン アリーナ大会で宮原と対戦。17分34秒、Fucking Bombで勝利。9月17日、全日本プロレスの後楽園ホール大会での王道トーナメント1回戦でボディガーと対戦。7分28秒、Fucking Bombで勝利。9月21日、広島マリーナホップ大会での2回戦で崔領二と対戦。12分15秒、Fucking Bombで勝利。 9月23日、ZERO1の盛岡市体育館大会でクリス・ヴァイス、TARU組を相手にタッグ王座の防衛戦。13分47秒、クリスのパッケージパイルドライバーをくらってTARUに田中がフォール負け。タッグ王座から転落した。9月24日、大阪府立体育会館・第2競技場大会での準決勝で宮原と対戦。10分53秒、回転足折り固めにフォール負け。12月7日、ノアの後楽園ホール大会に登場し、ヒール軍団のフーリガンズに加入。長井、KAZMAと組んで齋藤彰俊、岩崎孝樹、常剣鋒組と対戦。4分46秒、火野がFucking Bombで齋藤に勝利。12月16日、ZERO1のBlue Field大会で菅原拓也と組んで風林火山タッグトーナメントに参戦。1回戦で田中将斗、高橋奈七永組と対戦。15分50秒、火野がFucking Bombで高橋に勝利。同日、ノアの横浜文化体育館大会で谷口と組んで潮崎豪中嶋勝彦組のGHCタッグ王座に挑戦。序盤で谷口がチャンピオンベルトで潮崎の顔面を殴打して大流血に追いこんだ。潮崎のラリアットを火野がくらったが、セコンドの長井がレフリーのカウントを妨害。さらにフーリガンズのメンバーを乱入させ、谷口がさすまたで潮崎と中嶋を攻撃し、18分18秒、最後は火野がFucking Bombで潮崎に勝利。GHCタッグ王座を獲得した。12月22日、ZERO1の新木場1stRING大会での準決勝で将軍岡本、クリス・ヴァイス組と対戦。9分55秒、クリスのパッケージパイルドライバーに菅原が敗れた。 19年1月1日、ZERO1の後楽園ホール大会で大谷と対戦。12分7秒、Fucking Bombで勝利。1月6日、ノアの後楽園ホール大会で潮崎、中嶋組を相手にタッグ王座の防衛戦。19分、谷口がマイバッハボムツヴァイで潮崎に勝利。1月20日、DDT・伐折羅のBlue Field大会でSAGATと対戦。13分22秒、Fucking Bombで勝利。1月26日、ノアの大阪府立体育会館・第2競技場大会でクワイエット・ストームと対戦。12分3秒、Fucking Bombで勝利。1月27日、ZERO1の大阪府立体育会館・第2競技場大会でクリス・ヴァイスと対戦。11分26秒、Fucking Bombで勝利。2月1日、ノアの後楽園ホール大会でヨネ、ストーム組を相手にタッグ王座の防衛戦。18分42秒、ファンキーバスターボムをくらってストームに谷口がフォール負けして王座転落。2月2日、新木場1stRING大会で関本の世界ヘビー級王座に挑戦。30分時間切れ引き分け。2月24日、ノアの後楽園ホール大会でフーリガンズ解散をかけて谷口、長井、コーディ・ホール、KAZMAと組んで杉浦、齋藤、井上雅央稲村岡田欣也組と対戦。23分52秒、杉浦のオリンピック予選スラムにKAZMAが敗れてフーリガンズが解散した。3月3日、後楽園ホール大会で田中将斗と対戦。18分28秒、Fucking Bombで勝利。試合後、リング上でZERO1入団を宣言した。3月10日、九州プロレスのアクロス福岡大会で玄海の九州プロレス選手権に挑戦。23分50秒、Fucking Bombで勝利。九州プロレス選手権を獲得した。3月31日、靖国神社大会のメインで宮本裕向と対戦。15分19秒、Fucking bombで勝利。4月6日から始まったノアのグローバルタッグリーグ戦に谷口と組んで参戦。4月7日、九州プロレスの北九州芸術劇場大会で佐々木日田丸を相手に防衛戦。18分5秒、Fucking Bombで勝利。4月24日、新木場1stRING大会で兵頭彰と対戦。12分11秒、Fucking bombで勝利。リーグ戦は4勝3敗に終わった。5月4日、ノアの後楽園ホール大会で稲村愛輝と対戦。13分21秒、Fucking Bombで勝利。5月5日、埼玉・青伸産業運輸特設リング大会で高岩竜一と対戦。11分51秒、Fucking Bombで勝利。6月16日、じゅうろくプラザ大会で横山佳和と対戦。9分26秒、Fucking Bombで勝利。6月16日から始まった火祭りに参戦。6月22日、新木場1stRING大会で朱崇花と対戦。11分10秒、Fucking BOMBで勝利。6月30日、ススキノ・マルスジム大会でスーパー・タイガーと対戦。12分6秒、Fucking BOMBで勝利。7月7日、新木場1stRING大会で青木優也と対戦。8分41秒、ジャーマンスープレックスで勝利。7月14日、アクロス福岡で行われた九州プロレスの11周年記念大会でめんたい☆キッドを相手に防衛戦。17分、Fucking BOMBで勝利。7月20日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で田中将斗と対戦。21分18秒、スライディングDに敗れた。7月21日、名古屋レジェンドホール大会でSUGIと対戦。10分20秒、両者リングアウト。7月24日、万代シティパーク大会でクリス・ヴァイスと対戦。12分44秒、Fucking BOMBで勝利。4勝1敗1引き分けでリーグ戦を突破。7月28日、後楽園ホール大会で岩崎永遠と優勝決定戦。17分17秒、Fucking Bombで勝利。火祭りに優勝した。8月12日、新木場1stRING大会で将軍岡本と対戦。5分1秒、ジャーマンスープレックスで勝利。9月7日、袋井体育センター大会で横山佳和と対戦。5分26秒、Fucking Bombで勝利。9月14日、後楽園ホール大会で関本大介を相手に防衛戦。25分22秒、ジャーマンスープレックスで勝利。10月4日、新木場1stRING大会でクリス・ヴァイスを相手に防衛戦。14分16秒、ジャーマンスープレックスで勝利。10月26日、靖国神社大会で将軍岡本を相手に防衛戦。17分13秒、Fucking Bombで勝利。10月30日、水戸市民体育館大会で風林火山タッグトーナメントに岡林裕二と組んで参戦し、1回戦でクリス・ヴァイス、将軍岡本組と対戦。12分30秒、ゴーレムFuckingスプラッシュ(Fucking BOMBからのゴーレムスプラッシュ)で火野がクリスにフォール勝ち。11月17日、後楽園ホール大会での準決勝で菅原拓也、近藤修司組と対戦。8分51秒、ゴーレムFuckingスプラッシュで火野が菅原にフォール勝ち。同日の決勝で佐藤耕平、岩崎永遠組と対戦。18分41秒、Fuckingゴーレムスプラッシュで岡林が岩崎にフォール勝ち。風林火山タッグトーナメントに優勝した。12月22日、新木場1stRING大会でZERO1対 REVENGERSの5対5勝ち抜き戦にREVENGERSの次鋒として参戦し、次鋒の佐藤耕平と対戦。10分時間切れ引き分け。勝ち抜き戦はZERO1の勝利に終わった。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP