ダークロHP / レスラーノート

石井慧

1986年12月19日
大阪府茨木市出身
181cm 106kg
タイトル歴:IGFチャンピオンシップ


06年、全日本柔道選手権大会に初出場ながら鈴木桂治を破り、19歳4カ月の史上最年少で優勝。08年8月15日、北京オリンピックで柔道男子100kg超級に出場し、金メダルを獲得。11月、プロ転向を表明。09年12月31日、さいたまスーパーアリーナでの「DynamiTe!!」で吉田秀彦戦を相手にプロデビュー。パンチがほとんど当たらず、1Rには強烈な右フックをくらってマットに両手をついた。全くいいところがなく0対3の判定負け。判定負けを喫した。11年12月31日、さいたまスーパーアリーナでの「元気ですか!!大晦日!!2011」でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦。1R2分34秒、パンチの連打を浴びてKO負け。12年12月31日、IGFに初参戦。両国国技館大会でティム・シルビアと対戦し、3R判定勝ち。13年12月31日、両国国技館大会で藤田和之のIGF王座に挑戦。5分3R、3対0で判定勝ち。IGFチャンピオンシップを獲得した。14年4月5日、両国国技館大会のメインでフィリップ・デ・フライを相手に防衛戦。5分2Rを戦い3対0で判定勝ち。8月23日、IGFの両国国技館大会のメインでミルコ・クロコップを相手に防衛戦。左ミドルをキャッチしてダウンさせたが、下から左のヒジの一撃をくらって額から大流血。2R2分37秒、流血が止まらず、ドクターストップ負けして王座から転落した。12月31日、両国国技館大会のメインでミルコ・クロコップのIGF王座に挑戦。左ハイキックの直後に左アッパー3連発をくらってラウンド終了のゴング。2R5分、試合続行不可能となりTKO負け。15年4月11日、両国国技館大会でニック・ロズボロウと対戦。1R4分22秒、アームロックで勝利。8月29日、両国国技館大会でウィリアム・ペンと対戦。1R3分7秒、チョークスリーパーで勝利。12月29日、さいたまスーパーアリーナでの格闘技イベント「RIZIN」でジーリー・プロハースカと対戦。1R1分36秒、右ストレートをくらってTKO負け。16年6月24日、総合格闘技団体ベラトールのミズーリ州セントルイス大会でクイントン“ランペイジ”ジャクソンと対戦。3R1対2の判定負け。12月16日、ベラトールのアイルランド・ダブリン大会のメインでキング・モーと対戦。3R0対3の判定負け。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP