ダークロHP / レスラーノート

高木三四郎

本名:高木規
1970年1月13日
大阪府豊中市出身
175cm 95kg
KO−D無差別級 KO−Dタッグ KO−D6人タッグ DDT・EXTREME 東京世界ヘビー DDT・O−40
得意技:ストーンコールド・スタナー シットダウンひまわりボム

94年、IWA格闘志塾に入門。95年2月16日、PWCの渋谷オンエア・イースト大会で、トラブルシューター・コウチを相手にデビュー。97年、DDTの旗揚げに参加。エースとして活躍。00年12月14日、KO−D無差別級王座を獲得。06年1月29日、後楽園ホール大会で子川直也、泉州力、三和哲充太、ゴージャス松野、すぎはら美里、大家健、大鷲透、ヨシヒコを相手に社長争奪ロイヤルランブル。18分23秒、大鷲にオーバー・ザ・トップロープで勝利。DDTの社長に就任した。以後、経営者としてもレスラーとしてもDDTを支える。8月20日、「WRESLE EXPO 2006」で鈴木健想を相手に有刺鉄線電流爆破デスマッチで対戦。15分45秒、葉隠2からの垂直落下式ブレーンバスターに敗れた。09年、DDT史上初の両国国技館大会「両国ピーターパン 〜大人になんてなれないよ〜」を開催し、成功に終わる。 11年6月23日、ドラディションの新宿FACE大会で藤波辰爾と対戦。9分6秒、ドラゴンスリーパーに敗れた。9月28日、東京愚連隊の新宿FACE大会のメインでNOSAWA論外の東京世界ヘビー級王座に挑戦。18分9秒、HIMAWARI−BOMBで勝利。東京世界ヘビー級王座を獲得した。 12年8月18日、DDT史上初の日本武道館大会を開催。鈴木みのると対戦し、17分33秒、ゴッチ式パイルドライバーに敗れた。試合後、「次もおれと勝負だ。でも、今すぐじゃない。1年後、いや、5年後、おれが20周年記念興行をやろうと思ってる場所で戦え。それは、ここだ!」と叫び、スクリーンに「東京ドーム」と映し出された。15年5月、W−1のCEOに就任。11月3日、名古屋国際会議場大会でKENSOと対戦。6分38秒、エジプトの秘薬攻撃からの片エビ固めでフォール勝ち。16年1月31日、後楽園ホール大会の開始前にKENSOを相手にエニウェアフォール60分アイアンマンマッチで対戦。16対16で引き分け。4月6日、W−1の後楽園ホール大会で黒潮“イケメン”二郎と対戦。9分38秒、シットダウンひまわりボムで勝利。 13年1月16日、東京愚連隊の新宿FACE大会のメインでFUJITAを相手に防衛戦。14分13秒、横入り式エビ固めにフォール負けして王座転落。 17年3月20日、さいたまスーパーアリーナでDDTの旗揚げ20周年記念大会を開催。シブサワ・コウ35周年記念「信長の野望〜俺たちの戦国〜」戦国武将マッチに豊臣秀吉役として出場。武藤敬司(武田信玄)、木高イサミ(真田幸村)と組んで飯伏幸太(織田信長)、秋山準(上杉謙信)、関本大介(柴田勝家)組と対戦。14分57秒、飯伏のフェニックススプラッシュに高木が敗れた。4月、W−1の相談役に就任。6月1日、東京ドームで無観衆の「路上プロレス」を開催(DDT主催)。鈴木みのると対戦。午後4時、入場テーマ曲に乗ってマウンド付近に入場した両選手は、無人のスタンドに向かって猛アピール。国歌独唱はなぜかアジャ・コング。4時6分に試合開始。ビールの売り子に扮した赤井沙希、清掃員姿の葛西純、野球監督役の天龍源一郎、投手役の里村明衣子らが場外に仕掛けられた「トラップ」として襲いかかる。広い東京ドーム内を所狭しと戦場にした2人は、最後は再びグラウンドへ。100メートルの助走をつけた高木がラリアットを狙ったところを、みのるが裸絞めで捕獲。33分54秒、ホームベース付近でゴッチ式パイルドライバーをくらって敗れた。8月20日、両国国技館大会で男色ディーノと「DDT20周年記念ウェポンランブル〜全権・コントラ・結婚〜」マッチで対戦。17分16秒、ゴッチ式男色ドライバーに敗れた。9月1日、DDTの発行済み株式の100%をサイバーエージェントに譲渡。9月2日、W−1の相談役を辞任。9月20日、東京・宮地鉄工所での「工場プロレス」で男色ディーノと組んで丸藤正道、HARASHIMA組のKO−Dタッグ王座に挑戦。27分21秒、丸藤のフォークリフト式不知火にディーノが敗れた。 18年7月31日、新木場1stRING大会でのKING OF DDTトーナメント1回戦でMAOと対戦。14分53秒、シットダウンひまわりボムを切り返されてのモモ☆ラッチにフォール負け。10月21日、両国国技館大会でMAOとウェポンマッチ。ピコピコハンマー、タンス、有刺鉄線おまる、空き缶100個、NωAの売れ残りCD100枚、中邑珍輔、ベッド・インのかおり、ベッド、衣装ケース10箱、布団圧縮袋、MAOの携帯番号公開、アンドレザ・ジャイアントパンダが公認凶器として登場し、24分5秒、キャノンボール450° on the タンス with 衣装ケースに敗れた。 19年7月15日、大田区総合体育館大会でスーパー・ササダンゴ・マシンと初代O−40王者決定戦〜ウェポンランブル。28分56秒、投げ捨てひまわりボム・オン・ザ・プラケースで勝利。O−40王座を獲得した。9月1日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で大家健を相手にリサイクルウェポンランブルデスマッチで防衛戦。12分40秒、投げ捨てひまわりボム・オン・ザ・プラケースで勝利。同日、株式会社サイバーエージェントがDDTの発行済株式の全株式を取得。サイバーエージェントグループに入った。高木は引き続き、社長としてDDTを運営。9月29日、後楽園ホール大会でゴージャス松野を相手に防衛戦。8分33秒、横入り式エビ固めにフォール負けして王座転落。11月3日、両国国技館大会で木高イサミとプラケース100個マッチ。5分49秒、勇脚・斬に敗れた。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP