ダークロHP / レスラーノート

ミスター雁之助

本名:本田雅史
1968年6月20日
長崎県長崎市出身
178cm 110kg
世界ブラスナックルタッグ アジアタッグ
得意技:雁之助クラッチ

91年、大学の同級生である江崎英治と共にFMWのプロテストを受けて合格。6月22日、北海道羽幌小学校体育館大会での市原昭仁戦でデビュー。95年2月には大仁田厚と組んでミスター・ポーゴザ・グラジエーターを破り世界ブラスナックルタッグ王座を獲得。4月、ターザン後藤らと共にFMWを離脱し「真FMW」としてIWAジャパンなどで活動。8月、IWAジャパンの川崎球場でのデスマッチトーナメントに参戦し、初戦でタイガー・ジェット・シンに敗れた。97年、再びFMWに参戦。冬木弘道、金村キンタローらとヒールユニットTNRを結成して、ハヤブサら正規軍と敵対した。翌年には、田中正人を破り、二冠統一選手権王者となった。FMW倒産後、WMFを旗揚げ。 03年、全日本プロレスで黒田哲広と組んでアジアタッグ王座を獲得した。その後、自らのニックネームを冠した自主興行「鬼神道」を開催。 07年1月19日、無我の札幌テイセンホール大会で長井満也と対戦。10分4秒、陸牙に敗れた。1月20日、無我の旭川地場産業振興センター大会で後藤達俊と対戦。20分時間切れ引き分け。1月28日、後楽園ホール大会でバック・クォーターメインと対戦。10分2秒、ジャパニーズレッグロールクラッチホールドでフォール勝ち。 08年8月27日、グレートプロレスリングの新木場1stRING大会でこの日がデビュー戦となるサトモと対戦。6分3秒、逆エビ固めで勝利。9月21日、ドラディションの後楽園ホール大会で藤波辰爾と対戦。7分57秒、卍固めに敗れた。12月27日、自主興行で引退した。 09年5月25日、プロレスラーによる芸能事務所「鬼神道プロダクション」を設立。9月5日から「鬼神道リターンズ」と題してプロモーターとしての興行を定期的に開催。 14年11月18日、鬼神道Returnsの新木場1stRING大会で現役復帰。GENTAROと対戦。20分、ファイヤーサンダーで勝利。 16年1月12日、鬼神道Returnsの新木場1stRING大会のメインでヤス・ウラノと対戦。26分33秒、ファイアーサンダーを決めたが下からエビ固めに丸め込まれてフォール負け。7月26日、鬼神道リターンズの新木場1stRING大会のメインでマスクマンのはやぶちゃ(HARASHIMA)と対戦。16分1秒、蒼魔刀からのファイヤーバードスプラッシュに敗れた。 17年4月1日、熊本市ホテルキャッスルでのビアホールMAN50周年記念パーティーで宮本裕向と対戦。蒼魔刀をくらって緊急搬送。右顔面多発骨折のため長期欠場。7月16日、つがるプロレスで復帰。10月17日、ガッツワールドの新木場1stRING大会でダイスケと対戦。30分11秒、雁之助クラッチでフォール勝ち。 18年2月3日、ガッツワールドの新木場1stRING大会で新井健一郎と対戦。14分47秒、雁之助クラッチでフォール勝ち。2月8日、フリーダムズの新木場1stRING大会で神威と対戦。10分37秒、雁之助クラッチでフォール勝ち。3月22日、フリーダムズの後楽園ホール大会で宮本裕向と組んでマンモス佐々木、杉浦透組のKFWタッグ王座に挑戦。13分18秒、佐々木のファルコンアローに雁之助が敗れた。4月12日、フリーダムズの新木場1stRING大会でGENTAROと対戦。22分28秒、足極め首固めにフォール負け。4月15日、新宿FACEで行われたガッツワールドの最終興行で引退試合。影山道雄と組んで藤波、ヒロ斉藤組と対戦。16分41秒、藤波のドラゴンスリーパーに雁之助が敗れた。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP