ダークロHP / レスラーノート

伊東竜二

1976年4月8日
岩手県岩手郡滝沢村出身
185cm 95kg
タイトル歴:WEWハードコアタッグ KO−Dタッグ BJWタッグ BJWデスマッチヘビー
得意技:ドラゴンスプラッシュ タランチュラ

高校時代はボクシング部に所属。98年9月、入門テストに合格。10月、大日本プロレスに入団。入団後、茨城大学工学部を中退。99年4月29日、ツインメッセ静岡大会での葛西純戦でデビュー。03年からデスマッチで活躍。8月24日、横浜文化体育館大会で金村キンタローを破りBJWデスマッチヘビー級王座を獲得。以後、大日本プロレスのデスマッチのエースとして活躍。05年12月21日、横浜文化体育館大会でアブドーラ小林に敗れて王座転落。06年9月10日、横浜文化体育館大会で佐々木貴を破りBJWデスマッチヘビー級王座を獲得。この試合で4メートル近い高所からのドラゴンスプラッシュに失敗し、左月状骨周囲脱臼、右橈骨幹部骨折の重傷を負い、王座を返上し、長期欠場。07年3月14日、後楽園ホール大会で復帰。12月14日、横浜文化体育館大会で“黒天使”沼澤邪鬼を破りBJWデスマッチヘビー級王座を獲得。08年5月4日、桂スタジオ大会でシャドウWXに敗れて王座転落。11月29日、ウエストバージニア州サウス・チャールストンで行われたIWAイーストコーストのデスマッチトーナメント「マスターズ・オブ・ペイン」に参戦。ドレイク・ヤンガー、ダニー・ハボックに勝利して、決勝戦の蛍光灯ガラステーブルデスマッチでサムタック・ジャックに敗れた。アメリカ遠征中はチカラプロにも出場した。09年11月20日、後楽園ホール大会のメインで葛西純を相手にカミソリ十字架ボード+αデスマッチで対戦。パイプイス、テーブル、蛍光灯、画鋲、サボテンが飛び交う大流血戦を展開。場外で机の上に寝かされてバルコニーからのダイビングボディプレスをくらい、蛍光灯の束を葛西の上に乗せてドラゴンスプラッシュを決めた。29分45秒、有刺鉄線ボードとサボテンの上でリバースタイガードライバーをくらってフォール負け。この試合でプロレス大賞のベストバウトを受賞した。10年5月4日、横浜文化体育館大会で宮本裕向を破りBJWデスマッチヘビー級王座を獲得。11年12月18日、横浜文化体育館大会でアブドーラ小林に敗れて王座転落。14年5月25日、名古屋クラブダイアモンドホール大会のメインで木高イサミのデスマッチ王座に3本勝負で挑戦。1本目のTLCデスマッチは15分33秒、勇脚・斬に敗れた。2本目のブロック&蛍光灯デスマッチは12分1秒、横入り式エビ固めでフォール勝ち。3本目の鉄檻蛍光灯デスマッチは8分26秒、鉄檻上からのダイビングボディプレスで勝利。デスマッチ王座を獲得した。6月15日、広島県立産業会館・東館大会のメインで宮本裕向を相手に防衛戦。17分48秒、ラ・マヒストラルにフォール負けして王座転落した。9月23日から始まった最侠タッグリーグにアブドーラ小林と組んで参戦。リーグ戦を4勝1敗の1位で突破。11月21日、後楽園ホール大会での準決勝で関本、神谷組と対戦。13分1秒、小林がダイビングバカチンガーエルボーで神谷に勝利。同日の決勝で宮本裕向、木高イサミ組と蛍光灯200本デスマッチで対戦。18分44秒、宮本のファイヤーサンダーに小林が敗れた。15年7月20日、大日本プロレスで初開催となる両国国技館大会でアブドーラ小林のデスマッチヘビー級王座に20周年記念20アイテムデスマッチで挑戦。20分53秒、ドラゴンスプラッシュで勝利。デスマッチヘビー級王座を獲得した。8月16日、後楽園ホール大会のメインで関本と蛍光灯デスマッチで対戦。18分50秒、ドラゴンスプラッシュで勝利。9月21日から始まった最侠タッグリーグに関根龍一と組んで参戦。4勝1敗でリーグ戦を突破。10月29日、後楽園ホール大会での決勝トーナメント1回戦で佐藤耕平石川修司組とハードコアマッチで対戦。17分、石川のスプラッシュマウンテンに関根が敗れた。 16年7月24日、両国国技館大会のメインで星野勘九郎を相手に防衛戦。20分31秒、スキャフォールドからのダイビングセントーンに敗れて王座転落。9月4日から始まった最侠タッグリーグに佐久田と組んで参戦。2勝1敗でデスマッチBブロックを1位で通過。10月14日、後楽園ホール大会での準々決勝で宮本裕向、木高組と対戦。12分40秒、宮本のラダー上からのムーンサルトプレスに佐久田が敗れた。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP