ダークロHP / レスラーノート

LEONA

本名:藤波怜於南
1993年7月7日
東京都出身
173cm 87kg

藤波辰爾の長男。学生時代はゴルフ部で活躍。立教大学法学部法学科に進学。 12年4月20日、ドラディションの後楽園ホール大会の終了後、プロレス入りを藤波に直訴した。8月、ランカシャースタイルを習得するためアスプルオリンピック・レスリングクラブに武者修行。11月に帰国。その後はデビューを目指しUWFスネークピットジャパンで練習を積む。5月29日、ドラディションの後楽園ホール大会で蓮見隆太とエキシビションマッチ。5分時間切れ引き分け。延長戦も3分時間切れ引き分けに終わった。11月19日、ドラディションの後楽園ホール大会で船木誠勝を相手にデビュー。ダブルアームスープレックスで会場を沸かし、父親譲りのドラゴンスクリューを見せるなど健闘したが、7分48秒、ハイブリッドブラスターに敗れた。 14年1月13日、レジェンドプロレスの後楽園ホール大会のメインで藤波辰爾と組んで長州、坂口征夫組と対戦。9分49秒、長州のラリアットにLEONAが敗れた。5月11日、ドラディションの後楽園ホール大会で丸藤正道と対戦。12分10秒、パーフェクトフェイスロックに敗れた。6月8日、W−1のニューサンピア高崎大会で船木と対戦。11分32秒、ハイブリッドブラスターに敗れた。7月19日、レジェンドプロレスの大阪府立体育会館第2競技場大会で船木と対戦。8分45秒、ハイブリッドブラスターに敗れた。11月1日、W−1の両国国技館大会で大和ヒロシと対戦。6分27秒、ノーザンライトボムに敗れた。11月19日、ドラディションの後楽園ホール大会で関本大介と対戦。父譲りのドラゴンロケットを決めたが、11分32秒、ダイビングボディプレスからのアルゼンチンバックブリーカーに敗れた。試合後のバックステージで「藤波という名前と、プロレスというジャンルを背負う覚悟ができた。僕が2世に対する見方を変えます」と語った。 15年3月1日、ZERO1の後楽園ホール大会で大谷晋二郎と対戦。「負けるな!」と激を飛ばされるなど、師弟対決のような展開となり、16分49秒、変型ラクダ固めに完敗。試合後、「もう1回試合させてください。ありがとうございました」とマイクを握らず地声でアピール。両者正座しての礼で健闘を称えあった。5月11日、ドラディションの後楽園ホール大会で鈴木みのると対戦。8分38秒、ゴッチ式パイルドライバーに敗れた。10月1日、ドラディションの後楽園ホール大会でFUNAKIと対戦。12分35秒、ラ・マヒストラルにフォール負け。同日のメインで船木誠勝、鈴木秀樹と組んで高山論外バッファロー組と対戦。17分33秒、高山のエベレストジャーマンにLEONAが敗れた。10月3日、ドラディションのテクスピア大阪大会でビリーケン・キッドと対戦。11分14秒、エスパルダにフォール負け。 16年3月21日、DDTの両国国技館大会で藤波と組んでアントーニオ本多、福田洋組と対戦。12分10秒、藤波がドラゴンスリーパーで福田に勝利。3月29日、ドラディションの後楽園ホール大会で真田聖也と対戦。12分25秒、タイガースープレックスからのThis is itに敗れた。6月23日、リアルジャパンプロレスの後楽園ホール大会でタカ・クノウと対戦。5分57秒、ジャックハマーに敗れた。7月4日、後楽園ホール大会でTAJIRIと対戦。13分51秒、バズソーキックに敗れた。10月29日、後楽園ホール大会で蓮見隆太と対戦。9分31秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。 17年2月23日、DDT・DNAの新宿FACE大会で桜庭和志と組んで岩崎、渡瀬組と対戦。10分50秒、桜庭がゆりかもめパーフェクトで岩崎に勝利。3月5日、HEAT−UPの高島平区民ホール大会で渡辺宏志と対戦。17分40秒、逆さ押さえ込みでフォール勝ち。4月20日、ドラディションの後楽園ホール大会で新井健一郎と対戦。10分25秒、逆さ押さえ込みでフォール勝ち。4月22日、ドラディションの博多スターレーン大会でスーパータイガーと対戦。7分40秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。4月23日、ドラディションの大阪府立体育会館・第2競技場大会で蓮見隆太と対戦。6分38秒、逆片エビ固めで勝利。5月10日、DDT・DNAの後楽園ホール大会で渡瀬瑞基と対戦。5分55秒、ランニング・エルボーバットで勝利。7月9日から始まったZERO1のリーグ戦「火祭り」に参戦。開幕戦の名古屋市露橋スポーツセンター大会で拳王と対戦。10分25秒、ダイビングフットスタンプに敗れた。7月14日、むつ市大畑体育館大会でライディーンと対戦。9分49秒、チョークスラムに敗れた。7月15日、青森市内大会で宮本裕向と対戦。10分42秒、ムーンサルトプレスに敗れた。7月16日、青森市はまなす会館大会で将軍岡本と対戦。10分18秒、カイケツに敗れた。7月17日、青森競輪場特設リング大会で田中将斗と対戦。11分41秒、スライディングDに敗れた。7月19日、仙台市宮城野文化センター大会で佐藤耕平と対戦。10分42秒、パイルドライバーに敗れた。7月22日、高山マウントエース大会でスーパー・タイガーと対戦。12分56秒、キャプチャーに敗れた。7月23日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で小幡優作と対戦。10分43秒、逆さ押さえ込みでフォール勝ち。7月26日、万代シティパーク特設リング大会で稲葉大樹と対戦。8分54秒、極反り卍固めに敗れた。リーグ戦は1勝8敗に終わった。7月30日、ZERO1の後楽園ホール大会で横山佳和と対戦。5分43秒、逆さ押さえ込みでフォール勝ち。8月16日、ノアのロワジールホテル豊橋大会でマサ北宮と対戦。9分18秒、サイトースープレックスに敗れた。8月26日、ノアの後楽園ホール大会で拳王と対戦。5分25秒、ダイビングフットスタンプに敗れた。10月21日、ノアの神戸サンボーホール大会で田中稔と対戦。6分19秒、ヒートクラッチにフォール負け。10月29日、ドラディションの大阪南港ATCホール大会で橘隆志と対戦。10分4秒、逆さ押さえ込みでフォール勝ち。11月24日、ノアの千葉ポートアリーナ・サブアリーナ大会で宮脇純太と対戦。7分57秒、逆片エビ固めで勝利。12月3日、ノアの後楽園ホール大会で潮崎豪と対戦。12分44秒、スタンディング テキサスクローバーに敗れた。 18年1月15日、ノアの所沢市民体育館サブアリーナ大会で宮脇と対戦。7分5秒、足四の字固めで勝利。1月27日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で宮脇と対戦。7分58秒、足4の字固めで勝利。3月11日、ノアの横浜文化体育館大会で宮脇と対戦。5分15秒、足4の字固めで勝利。3月29日、リアルジャパンプロレスの後楽園ホール大会でドス・カラス、ドス・カラス・ジュニアと組んでレイ・アンヘルエル、ペロ・デル・アキータ、トスカーノ組と対戦。1本目は6分10秒、ドス・カラス・ジュニアがドラゴンスープレックスでトスカーノに勝利。2本目は6分13秒、トスカーノのミサイルキックにLEONAが敗れた。3本目は3分56秒、ドス・カラス・ジュニアがダイビング・ボディアタックでアキータに勝利した。4月21日、ドラディションの大阪南港ATCホール大会で菊池悠斗と対戦。8分15秒、足4の字固めで勝利。7月7日から始まったノアのグローバル・ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に諸橋と組んで参戦。しかし、練習中に左足甲を骨折したため7月15日から長期欠場。 19年10月25日、ドラディションの後楽園ホール大会で復帰し、新井健一郎と対戦。7分22秒、掟破りの逆逆さ押さえ込みにフォール負け。12月5日、リアルジャパンプロレスの後楽園ホール大会で鈴木秀樹と対戦。6分22秒、チキンウイング・アームロックにレフリーストップ負け。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP