ダークロHP / レスラーノート

稲葉大樹

1988年2月28日
熊本県山鹿市出身
172cm 82kg
タイトル歴:W−1チャンピオンシップ UWA世界6人タッグ
得意技:極反り卍固め ダイビングヘッドバット

中学時代は柔道部に所属。熊本県立北稜高校ではレスリング部に所属。高校卒業後、福岡医健専門学校柔道整復科に入学。国家試験に合格し、柔道整復師の免許を取得した。その後、三澤威の経営するミサワ整骨院に勤務。 12年1月に行われた公開オーディションに合格して全日本プロレスに入門。 13年4月、水木千尋(アンディ・ウー)と共にメキシコに遠征。1ヶ月後、カナダに渡る。レネ・デュプリの家にホームステイしながら生活。5月24日、カナダのAtlantic Grandprix Wrestlingでのボビー・シャープ戦でデビュー。9月8日、東京ドームシティホールでのWー1旗揚げ戦で日本デビュー。大和ヒロシと組んでNOSAWA論外MAZADA組と対戦。6分38秒、大和がノーザンライトボムで論外に勝利。9月15日、名古屋国際会議場大会でMAZADAと対戦。7分53秒、キャメルクラッチに敗れた。10月6日、後楽園ホール大会でエル・イホ・デル・パンテーラと対戦。4分58秒、スワントーンボムに敗れた。10月10日、秋田拠点センター・アルヴェ大会でエル・イホ・デル・パンテーラと対戦。5分22秒、スワントーンボムに敗れた。12月22日、三条市厚生福祉会館大会で浜亮太と対戦。4分20秒、雷電ドロップに敗れた。12月23日、所沢市民体育館サブアリーナ大会で大和ヒロシと対戦。4分40秒、ノーザンライトボムに敗れた。 14年3月13日、高知サンピアセリーズ大会で村瀬広樹と対戦。4分37秒、ストレッチボムで勝利。3月14日、高松市総合体育館大会で村瀬と対戦。4分16秒、ラリアットに敗れた。3月30日、蓮田市総合市民体育館大会で村瀬と対戦。5分48秒、ラリアットに敗れた。5月22日、後楽園ホール大会で黒潮と対戦。9分10秒、変形ムーンサルトプレスに敗れた。6月24日、熊本市流通情報会館大会で火野裕士と対戦。10分40秒、Fucking Bombに敗れた。6月27日、後楽園ホール大会で関本大介と対戦。10分28秒、逆エビ固めに敗れた。8月31日、後楽園ホール大会で王者決定トーナメント出場をかけて土肥孝司と対戦。11分36秒、ダイビングヘッドバットで勝利。9月21日、石川産業展示館3号館大会でのW−1初代王座決定トーナメント1回戦で田中稔と対戦。12分31秒、ファイヤーボールスプラッシュに敗れた。11月7日、新宿FACEでのW−1とZERO1の合同興行で大谷晋二郎と対戦。この試合では、やられてもやられても懸命にくらいついていく姿に場内の喝采を浴びた。21分38秒、投げっ放しドラゴンスープレックスに敗れた。11月13日、熊本市流通情報会館大会で船木誠勝と対戦。8分57秒、ハイブリッドブラスターに敗れた。11月19日、福山ビッグローズ大会で村瀬と対戦。5分34秒、ダイビングヘッドバットで勝利。 15年1月18日、ZERO1のラゾーナ川崎大会で日高郁人と対戦。10分59秒、パワープラントに敗れた。1月24日、所沢市民体育館サブアリーナ大会でTAJIRIと対戦。12分8秒、バズソーキックに敗れた。1月30日、後楽園ホール大会で田中将斗と対戦。7分23秒、スライディングDに敗れた。3月13日、新宿FACEでのW−1とZERO1の合同興行で大谷と対戦。12分58秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。その後、右肩関節反復性脱臼のため長期欠場。11月27日、後楽園ホール大会で復帰。芦野祥太郎と対戦。11分57秒、変形アンクルロックに敗れた。11月29日、川口産業技術総合センター大会で黒潮と対戦。9分2秒、脇固めに敗れた。12月5日、横浜ラジアントホール大会でKAIと対戦。9分14秒、逆片エビ固めに敗れた。12月12日、キラメッセぬまづ大会でアンディ・ウーと対戦。7分58秒、フェイホンに敗れた。12月20日、ラゾーナ川崎大会で村瀬と対戦。9分42秒、バックドロップホールドに敗れた。12月28日、W−1道場での「GENスポーツパレスファン感謝祭」で黒潮と対戦。10分10秒、ムーンサルトプレスに敗れた。 16年1月10日、後楽園ホール大会で近藤修司と対戦。6分4秒、ラリアットに敗れた。2月6日、W−1道場での若手主体大会でアンディ・ウーと対戦。15分時間切れ引き分け。2月10日、後楽園ホール大会で大和のクルーザー級王座に挑戦。15分55秒、ノーザンライトボムに敗れた。2月13日、小田原アリーナ大会でアンディ・ウーと対戦。10分40秒、フェイホンに敗れた。2月14日、甲府市総合市民会館大会で河野と対戦。7分47秒、ランニングニーアタックに敗れた。2月27日、横浜ラジアントホール大会で火野裕士と対戦。8分26秒、Fucking Bombに敗れた。3月5日、狭山市市民交流センター大会で浜と対戦。6分31秒、ハマケツに敗れた。3月6日、夢メッセみやぎ大会でKAIと対戦。8分21秒、フェイスロック・改に敗れた。3月11日、伊那市民体育館・サブアリーナ大会で浜と対戦。5分25秒、ハマケツに敗れた。3月21日、山形ビッグウィング大会で中之上靖文と対戦。10分20秒、ダイビングエルボードロップに敗れた。3月27日、名古屋市中スポーツセンター大会で藤村康平と対戦。7分51秒、逆エビ固めで勝利。4月10日、札幌・ススキノ・マルスジム大会でAKIRAと対戦。9分43秒、ムササビプレスに敗れた。4月17日、博多スターレーン大会でKAIと対戦。12分19秒、雁之助クラッチにフォール負け。5月1日、長野市アークスセンター大会で浜と対戦。7分44秒、オオキドプレスに敗れた。5月4日、後楽園ホール大会で土肥と対戦。6分32秒、グラウンド卍固めでフォール勝ち。5月8日、クリエート浜松大会で河野と対戦。7分10秒、ランニングニーアタックに敗れた。6月15日、新宿FACE大会での「WRESTLE−1 GRAND PRIX」1回戦で村瀬と対戦。6分49秒、卍固めで勝利。6月18日、横浜ラジアントホール大会での2回戦で征矢学と対戦。12分31秒、ワイルドボンバーに敗れた。6月26日、千葉・臨海体育館大会で浜と対戦。6分23秒、オオキドプレスに敗れた。7月3日、川口産業技術総合センター大会でKAIと対戦。7分58秒、LATに敗れた。7月29日、新宿FACE大会でアンディ、吉岡と組んでハヤシ、田中稔、TAJIRI組の6人タッグ王座に挑戦。19分49秒、稲葉が卍固めでハヤシに勝利。UWA世界6人タッグ王座を獲得した。8月6日、小田原アリーナ大会で近藤を相手にW−1王座の挑戦者決定戦。8月11日にW−1王座への挑戦が予定された征矢が怪我により欠場したため急遽組まれた試合となった。16分59秒、極反り卍固めで勝利。8月11日、横浜文化体育館大会のメインでKAIの王座に挑戦。21分59秒、極反り卍固めで勝利。W−1王座を獲得した。8月27日、大阪・港区民センター大会でKAI、村瀬、翔太組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。17分51秒、アンディがフェイホンで村瀬に勝利。9月18日、後楽園ホール大会のメインでKAIを相手に防衛戦。21分57秒、タイガースープレックスで勝利。9月25日、石川県産業展示館3号館大会で黒潮と対戦。12分15秒、極反り卍固めで勝利。10月2日、川口産業技術総合センター大会で児玉、土肥、熊ゴロー組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。23分53秒、稲葉が極反り卍固めで児玉に勝利。10月28日、熊本市流通情報会館大会で河野、近藤、論外組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。20分26秒、稲葉が極反り卍固めで論外に勝利。11月2日、後楽園ホール大会のメインで河野を相手に防衛戦。22分14秒、ダイビングニードロップに敗れて王座転落。12月6日、吉岡、アンディ・ウー、児玉、黒潮、藤村、土肥、熊ゴローと共に「NEWERA(ニューエラ)」を結成。12月9日、後楽園ホール大会で近藤、葛西、論外組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。8分41秒、近藤のラリアットに稲葉が敗れて王座転落。12月11日、川口産業技術総合センター大会で村瀬と対戦。14分4秒、卍固めで勝利。12月18日、浪川荘体育館大会でカズ・ハヤシと対戦。14分39秒、グラウンド卍固めで勝利。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP