ダークロHP / レスラーノート

マイキー・ニコルス
MIKEY NICHOLLS


1985年8月20日
オーストラリア出身
185cm 103kg
タイトル歴:EPWヘビー EPWタッグ NWAオーストラリアヘビー GHCタッグ
得意技:マイキーボム シューティングスタープレス サドン・クロス・ストレッチ(ヒザ固めと足4の字固めの複合技)

学生時代はオーストラリアンフットボール、クリケットで身体を鍛える。01年11月、高校在学中の16歳の時に、オーストラリアのEPWのパース大会でのファーガソン・ブロック戦でデビュー。シェイン・ヘイストと、チーム「TMDK」を結成。06年7月2日、新日本プロレスの後楽園ホール大会に初来日。ハートリー・ジャクソンと組んで後藤洋央紀組と対戦。シューティングスタープレスを決めて見せ場を作ったが、10分56秒、稔の腕ひしぎ逆十字固めにマイキーが敗れた。10年秋に行われたWLWとノアのレスリングキャンプのトライアウトに参加し、シェインと共に合格。 11年2月21日、練習生として来日。ノアの合宿所に入寮して経験を積んだ。新弟子同様に雑用をこなした。12月15日、後楽園ホール大会でシェインと組んで鈴木鼓太郎青木組のGHCジュニアタッグ王座に挑戦。27分36秒、鼓太郎のマスドライバーにシェインが敗れた。 12年10月17日、焼津市文化会館大会で杉浦貴と対戦。10分1秒、スピアーからのエビ固めにフォール負け。11月3日から始まったグローバルリーグ戦に参戦。11月3日、後楽園ホール大会でGHC王者の森嶋猛と対戦。6分34秒、バックドロップに敗れた。11月10日、札幌テイセンホール大会で永田裕志と対戦。12分14秒、バックドロップホールドに敗れた。11月12日、青森産業会館大会でKENTAと対戦。30分時間切れ引き分け。11月14日、岩手県営体育館大会で潮崎豪と対戦。14分7秒、マイキーボムで勝利。11月18日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で土方隆司と対戦(非公式戦)。8分11秒、マイキーボムで勝利。11月20日、後楽園ホール大会で宮原健斗と対戦。6分45秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。11月23日、後楽園ホール大会でモハメド・ヨネと対戦。序盤でマイキーボムを見せるなど積極的に攻撃をしかけたが、4分10秒、キン肉バスターに敗れた。リーグ戦を1勝4敗1引き分けで終えた。12月4日、千葉ポートアリーナ・サブアリーナ大会でマイバッハ谷口と対戦。6分56秒、マイバッハボムに敗れた。 13年2月27日、小山市立文化センター大会でマイバッハ谷口と対戦。10分19秒、マイバッハボムに敗れた。3月9日、春日部ふれあいキューブ大会で森嶋と対戦。12分16秒、バックドロップに敗れた。3月13日、茨城県立スポーツセンター大会で杉浦と対戦。10分38秒、フランケンシュタイナーに敗れた。4月13日から始まったグローバルタッグリーグ戦にシェインと組んで参戦。4月16日、山形ビッグウイング大会で本間朋晃と対戦。10分28秒、こけしに敗れた。4月19日、テレピアホール大会でジェイク・ダーデンと対戦。5分35秒、マイキーボムで勝利。タッグリーグ戦は2勝2敗に終わった。5月12日、シェインと共にノアの正式な所属選手として契約。同日の後楽園ホール大会でシェインと組んで矢野飯塚組のGHCタッグ王座に挑戦。15分3秒、矢野の鬼殺しにシェインが敗れた。6月30日、後楽園ホール大会で飯塚と対戦。9分19秒、アイアンフィンガー・フロム・ヘルをくらってフォール負け。7月7日、有明コロシアム大会でシェインと組んで矢野、飯塚組のGHCタッグ王座に挑戦。度重なる反則攻撃で2人とも大流血に追いこまれたが、16分26秒、飯塚のアイアンフィンガーフロムヘルが矢野に誤爆した直後に合体技のサンダーバレーを決めてシェインが飯塚にフォール勝ち。GHCタッグ王座を獲得した。7月20日、京都KBSホール大会でマイバッハ谷口と対戦。9分40秒、レフリー暴行で反則勝ち。7月27日、横浜ラジアントホール大会でペサディーヤと対戦。7分48秒、デスバレーボムで勝利。7月28日、後楽園ホール大会で井上雅央と対戦。6分10秒、スライディングラリアットで勝利。8月4日、ディファ有明大会で大日本プロレスの佐々木義人と対戦。9分21秒、ラリアットに敗れた。9月7日、ディファ有明大会でマイバッハ谷口と対戦。10分34秒、マイキーボムで勝利。9月12日、海峡メッセ下関大会で吉江豊と対戦。12分2秒、スライディングラリアットで勝利。9月16日、博多スターレーン大会のメインでKENTAのGHCヘビー級王座に挑戦。23分5秒、GAME OVERに敗れた。9月18日、岡山卸センター展示場オレンジホール大会でヨネと対戦。13分38秒、キン肉バスターに敗れた。10月5日、横浜文化体育館大会で高山、杉浦組を相手にタッグ王座の防衛戦。20分21秒、シェインがブラックスワン・スプラッシュ(フェニックス・スプラッシュ)で杉浦に勝利。10月10日、焼津市文化会館大会でマイバッハ谷口と対戦。8分3秒、マイバッハプレスに敗れた。10月26日、札幌テイセンホール大会で佐野と対戦。7分54秒、マイキーボムで勝利。10月27日、札幌テイセンホール大会で丸藤正道と対戦。13分32秒、パーフェクト・フェイスロックに敗れた。10月30日、岩手県営体育館大会で杉浦と対戦。13分22秒、サドン・クロス・ストレッチで勝利。11月2日、大阪府立体育会館第2競技場大会で永田と対戦。10分29秒、バックドロップホールドに敗れた。11月4日、キラメッセぬまづ大会でマイバッハ谷口と対戦。10分20秒、マイキーボムで勝利。11月8日、新潟市体育館大会で齋藤彰俊と対戦。10分55秒、ランニング・スイクルデスに敗れた。11月10日、後楽園ホール大会で崔領二と対戦。6分17秒、那智の滝に敗れた。リーグ戦は2勝4敗に終わった。12月5日、千葉ポートアリーナ・サブアリーナ大会で中嶋勝彦と対戦。11分12秒、首固めにフォール負け。12月7日、有明コロシアム大会で丸藤、中嶋組を相手にタッグ王座の防衛戦。17分59秒、合体技のサンダーバレーを決めてシェインが中嶋にフォール勝ち。12月9日、13年度のプロレス大賞でシェインと共に最優秀タッグチーム賞を受賞した。12月17日、豊中市立ローズ文化ホール大会でマイバッハ谷口と対戦。9分7秒、マイバッハプレスに敗れた。 14年1月25日、大阪府立体育会館第2競技場大会で森嶋、マイバッハ谷口組を相手にタッグ王座の防衛戦。セコンドの拳王と大原に介入されて大苦戦。18分10秒、森嶋のバックドロップにシェインが敗れてタッグ王座から転落した。2月3日、後楽園ホール大会でヨネと対戦。7分58秒、マイキーボムで勝利。3月8日、有明コロシアム大会でシェインと組んで森嶋、谷口組のGHCタッグ王座に挑戦。13分52秒、谷口のマイバッハボムにニコルスが敗れた。3月16日、アオーレ長岡アリーナ大会で丸藤と対戦。12分30秒、マイキーボムで勝利。3月23日、春日部ふれあいキューブ大会でマイバッハ谷口と対戦。10分20秒、マイバッハプレスに敗れた。3月29日、グリーンドーム前橋・サブイベントエリア大会でヨネと対戦。12分23秒、キン肉バスターに敗れた。4月12日から始まったグローバルタッグリーグ戦にシェインと組んで参戦。3勝3敗でリーグ戦を終えた。5月3日、ディファ有明大会で関本と対戦。10分5秒、ラリアットからのジャーマンスープレックスに敗れた。7月5日、有明コロシアム大会でシェインと組んで杉浦、田中将斗組のGHCタッグ王座に挑戦。18分21秒、杉浦のオリンピック予選スラムにシェインが敗れた。7月19日、後楽園ホール大会で杉浦と対戦。10分55秒、フランケンシュタイナーに敗れた。8月17日、金沢流通会館大会でクワイエット・ストームと対戦。8分42秒、マイキーボムで勝利。9月7日、アクトシティ浜松大会でヨネと対戦。9分32秒、マイキーボムで勝利。10月12日、横浜文化体育館大会でシェインと組んで杉浦、田中将斗組のGHCタッグ王座に挑戦。18分35秒、杉浦のオリンピック予選スラムにシェインが敗れた。10月18日から始まったグローバルリーグ戦に参戦。10月21日、大阪府立体育会館第2競技場大会で永田裕志と対戦。11分1秒、マイキーボムからのブルーベンジェンス(ムーンサルトプレス)で勝利。10月23日、熊本市流通情報会館大会のメインで杉浦と対戦。13分54秒、オリンピック予選スラムに敗れた。10月25日、佐世保市体育文化館大会でクリス・ヒーローと対戦。11分26秒、後頭部へのローリングエルボーに敗れた。10月27日、大分イベントホール大会でクワイエット・ストームと対戦。8分35秒、ブルーベンジェンス(ムーンサルトプレス)で勝利。11月2日、長野市アークスセンター大会のメインでマイバッハ谷口と対戦。谷口のセコンドの拳王に介入されて、12分6秒、マイバッハプレスに敗れた。11月4日、後楽園ホール大会でヨネと対戦。9分26秒、キン肉バスターに敗れた。11月8日、後楽園ホール大会で田中将斗と対戦。10分9秒、ブルーベンジェンスで勝利。リーグ戦は3勝4敗に終わった。 15年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会で矢野、丸藤、シェインと組んで鈴木みのる率いる「鈴木軍」の飯塚、ベンジャミンアーチャースミス・ジュニア組と対戦。5分5秒、マイキー、シェインのサンダーバレーから丸藤が虎王で飯塚に勝利。この試合後、鈴木軍との抗争が開始。1月10日、後楽園ホール大会でシェインと組んで杉浦、田中将斗組のGHCタッグ王座に挑戦。18分19秒、サンダーバレーを決めてシェインが杉浦にフォール勝ち。GHCタッグ王座を獲得した。2月11日、名古屋国際会議場大会のメインでメインで鈴木軍のランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミス・ジュニア組を相手にタッグ王座の防衛戦。29分4秒、合体技のキラーボムをくらってアーチャーにシェインがフォール負け。GHCタッグ王座から転落した。3月15日、鈴木軍との決着戦となった有明コロシアム大会でアーチャー、スミス・ジュニア組のGHCタッグ王座に挑戦。怪我した左膝を攻められてシェインの動きが止まり、孤軍奮闘したが、15分45秒、キラーボムをくらってスミス・ジュニアにマイキーがフォール負け。この大会で鈴木軍にノアの全王座を独占された。3月21日、横浜ラジアントホール大会でスペル・クレイジーと対戦。7分38秒、ダイナミックボムで勝利。4月19日から始まったグローバルタッグリーグ戦にシェインと組んで参戦。リーグ戦を3勝2敗で終えた。6月上旬、シェインと共にWWEのトライアウトに挑戦し、合格。6月13日、広島グリーンアリーナ・小アリーナ大会でシェインと対戦。11分56秒、マイキーボムで勝利。6月27日、ウィル福島大会でヨネと対戦。9分1秒、マイキーボムで勝利。7月13日、ラゾーナ川崎大会でクワイエット・ストームと対戦。9分6秒、マイキーボムで勝利。9月5日の大会を最後に帰国。12月31日付でシェインと共にノアとの契約が終了。 16年3月2日、シェインと共にノアに久しぶりに来日。3月10日、後楽園ホール大会でシェインと組んで丸藤、北宮組と対戦。16分19秒、サンダーバレーを決めてシェインが北宮にフォール勝ち。この試合を最後にノアを離脱。3月25日、マイキー、シェインと契約を結んだことをWWEが正式発表した。5月19日、WWE・NXTに登場。ニック・ミラーに改名し、シェイン・ヘイストはシェイン・ソーンに改名。TM61とチーム名を変えてタッグで出場。 18年12月、WWEを離脱。 19年3月9日、新日本プロレスの愛知県体育館大会での「NEW JAPAN CUP」1回戦でヒクレオと対戦。8分55秒、マイキーボムで勝利。3月14日、なら100年会館大会での2回戦でオカダ・カズチカと対戦。17分25秒、レインメーカーに敗れた。4月20日、新日本プロレスの愛知県体育館大会でチェーズ・オーエンズと対戦。8分56秒、マイキーボムで勝利。4月29日、グランメッセ熊本大会でファレと対戦。7分24秒、グラネードに敗れた。6月29日、新日本プロレスのオーストラリア・メルボルン・フェスティバルホール大会でジュース・ロビンソンと組んでタマ・トンガタンガ・ロア組のIWGPタッグ王座に挑戦。14分20秒、タマの横入り式エビ固めにニコルスがフォール負け。9月30日、新日本プロレスのアメリカ・2300アリーナ大会でカール・フレドリックスと対戦。10分、マイキーボムで勝利。11月16日から始まった新日本プロレスのWORLD TAG LEAGUEにジェフ・コブと組んで参戦。8勝7敗に終わった。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP