ダークロHP / レスラーノート

アンヘル・デ・オロ
ANGEL DE ORO


本名:ミゲル・アンヘル・チャベス・ベラスコ
1988年8月18日
メキシコ・コアウイラ州トレオン出身
178cm 85kg
タイトル歴:CMLL世界ライト ナショナル6人タッグ
得意技:ラ・メセドーラ(変形カンパーナ) アラス・デ・オロ ムーンサルトプレス ラ・ケブラーダ

父はアポロ・チャベスという名のルチャドールだった。兄もゲレロ・インカの名でデビュー。05年にデビュー。08年7月4日、アンヘル・デ・オロに変身し、兄もアンヘル・デ・プラタに改名し、兄弟でCMLLにデビュー。空中殺法の使い手として頭角を現す。11年1月1日、アレナメヒコでの16人参加のイリミネーションマッチ「レイジェス・デル・アイレ」に出場。最後はヴィールスにラ・メセドーラで勝利して優勝した。1月9日、アレナメヒコでルーシュ、ディアマンテと組んで、ナショナル6人タッグ王座を獲得。12年2月3日、アレナメヒコでの18人参加の「レイジェス・デル・アイレ」に出場。最後はミステル・アギラに勝利して2年連続優勝。5月27日から新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに出場。後楽園ホール大会でタイチと対戦し、9分28秒、アラス・デ・オロでフォール勝ち。5月30日、信州スカイパーク体育館大会で外道と対戦し、8分15秒、アラス・デ・オロで勝利。5月31日、ニューサンピア敦賀大会で獣神サンダーライガーと対戦。8分21秒、ラ・マヒストラルでフォール勝ち。6月1日、岩出市立市民総合体育館大会でPACと対戦。シューティングスタープレスを両膝を立てて防ぎ、9分46秒、ハイジャックバックブリーカー式フェイスバスターで勝利。6月3日、明石市立産業交流センター大会でプリンス・デヴィットと対戦。8分10秒、ブラディサンデーに敗れた。6月5日、春日部コンベンションホール大会でBUSHIと対戦。9分50秒、ブシロールにフォール負け。6月6日、後楽園ホール大会でロッキー・ロメロと対戦。10分38秒、ダイビングダブルニードロップに敗れた。6月7日、栃木県総合文化センターサブホール大会でKUSHIDAと対戦。8分22秒、ミッドナイトエクスプレスに敗れた。リーグ戦を4勝4敗で終えた。14年10月28日、レイ・エスコルピオンを破りCMLL世界ライトヘビー級王座を獲得。15年1月、新日本プロレスの「ファンタスティカマニア」に来日。1月13日、大阪府立体育会館・第2競技場大会でOKUMURAと対戦。10分時間切れ引き分け。1月17日、新木場1stRING大会でOKUMURAを相手に防衛戦。12分13秒、変形羽折り固めで勝利。16年10月21日、新日本プロレスの後楽園ホール大会でのスーパージュニアタッグトーナメント1回戦でティタンと組んでバレッタ、ロメロ組と対戦。12分55秒、バレッタのデュードバスターにオロが敗れた。 17年4月7日、アレナメヒコでの12人参加の「レイジェス・デル・アイレ」に出場。最後はエウフォリアに勝利して優勝した。 18年1月、新日本プロレスの「ファンタスティカマニア」に来日。1月19日、後楽園ホール大会でクアトレロを相手にCMLL世界ミドル級王座の防衛戦。11分43秒、ハイアングルパワーボムに敗れて王座転落。3月9日、アレナメヒコでの「オメナヘ・ア・ドス・レジェンダス」のメインでクアトレロを相手にマスカラ・コントラ・マスカラで対戦。3本目にデスヌカドーラに敗れた。マスクを奪われて素顔になった。 19年1月、新日本プロレスの「CMLL FANTASTICA MANIA」に来日。1月21日、後楽園ホール大会でアトランティス、ティタンと組んでフォラステロ、クアトレロ、サンソン組のナショナル6人タッグ王座に挑戦。14分28秒、クアトレロのクアトレロボムにオロが敗れた。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP