ダークロHP / レスラーノート

PAC

本名:ベンジャミン・サッタレイ
1987年8月22日
イギリス・ニューカッスル・アポン・タイン出身
172cm 78kg
タイトル歴:オープン・ザ・ドリームゲート オープン・ザ・ブレイブゲート 3CWヤングライオンズ 1PW無差別級 PWG世界タッグ NXTヘビー WWEクルーザー
得意技:360°シューティングスタープレス その場飛びシューティングスタープレス フレーミングスタープレス(リバース・ファイヤーバードスプラッシュ) レッド・アロー(コークスクリュー式シューティングスタープレス) リングス・オブ・サターン(別名、ブルータライザー。ナガタロック3と同型)

04年にIWFでデビュー。イギリスやアメリカのインディ団体を転戦。 ブレイドソンにあるIWFノースイーストのレスリングスクールに通う。その後、ブレイドソンにあるNWAハンマーロックに通い、ジョニー・モース、アンドレ・ベーカーの指導を受けた。その後、FWAでトレーニング。05年にFWAでデビュー。同年暮れに若手選手のタイトルである3CWヤングライオンズ王座を獲得。06年11月26日、バトルロイヤルで勝利して1PW無差別級王座を獲得。同年にはアメリカに遠征し、PWGに出場。07年と08年にはジャングルPACの名でイタリアの団体であるNWEに出場した。07年5月20日、ロデリック・ストロングと組んでトーナメントで優勝し、PWG世界タッグ王座を獲得。PWGでのドラゴンゲートの選手との対戦がきっかけで同年にドラゴンゲートに初来日。以後、日本ではドラゴンゲートに定期的に出場した。08年7月11日、ドラゴンゲートの新木場1stRING大会でエル・ジェネリコと対戦。14分24秒、ウラカンラナをエビ固めに切り返されてフォール負け。10年2月7日、ドラゴンゲートの博多スターレーン大会でK−ness.のオープン・ザ・ブレイブゲートに挑戦。17分57秒、ダークネスバスターに敗れた。8月29日、博多スターレーン大会での王座決定戦で横須賀享と対戦。22分15秒、360°シューティングスター・プレスで勝利してオープン・ザ・ブレイブゲートを獲得。以後、11度の防衛を重ねていった。11月10日から21日にかけて、フランスのAWRのシリーズ全7大会に出場。11月10日、ボルドー・メディアリック・アイスリンク大会でKAIと対戦し、11分47秒、高角度前方回転エビ固めを切り返してのエビ固めにフォール負け。11月14日、フランス・ディジョン・ゼニスアリーナ大会でKAIとショーン・マックサーを相手に3WAYマッチで対戦し、9分12秒、PACがシューティングスタープレスでショーン・マックサーに勝利した。11年11月19日、大阪府立体育会館第2競技場大会でリコシェを相手に防衛戦。22分40秒、ダブルローテーション・ムーンサルトプレスに敗れて王座転落。 12年1月27日、ドラゴンゲートUSAのザ・ウェスティン・ロサンゼルス国際空港大会で戸澤陽と対戦。19分56秒、パッケージ・ジャーマンスープレックスに敗れた。3月4日、ドラゴンゲートの大阪府立体育会館・第二競技場大会のメインでCIMAのオープン・ザ・ドリームゲート王座に挑戦。24分17秒、メテオラに敗れた。3月30日、ドラゴンゲートUSAのフロリダ州マイアミビーチ大会でロウ・キーと対戦。24分39秒、フットスタンプに敗れた。5月27日から新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに初出場。開幕戦の後楽園ホール大会で獣神サンダーライガーと対戦。10分20秒、360°シューティングスタープレスで勝利。5月30日、信州スカイパーク体育館大会でタイチと対戦。10分43秒、360°シューティングスタープレスで勝利。6月1日、岩出市立市民総合体育館大会でアンヘル・デ・オロと対戦。9分46秒、ハイジャックバックブリーカー式フェイスバスターに敗れた。6月2日、KBSホール大会でKUSHIDAと対戦。9分33秒、ミッドナイトエクスプレスに敗れた。6月3日、明石市立産業交流センター大会で外道と対戦。14分36秒、シューティングスタープレスで勝利。6月5日、春日部コンベンションホール大会でロッキー・ロメロと対戦。10分14秒、首固めにフォール負け。6月6日、後楽園ホール大会のメインでプリンス・デヴィットと対戦。リーグ戦のベストバウトといえるような大熱戦を展開。360°シューティングスタープレスを両膝を立てて防がれ、ドリームキャスト(回転延髄斬り)、垂直落下式ブラディサンデー、ダイビングフットスタンプをくらうが、とどめのブラディサンデーをリバースフランケンシュタイナーで切りかえし、最後は17分24秒、フレーミングスタープレスを完璧に決めて勝利した。6月9日、名古屋国際会議場イベントホール大会でBUSHIと対戦。8分35秒、360°シューティングスタープレスで勝利。リーグ戦を5勝3敗で終えて決勝トーナメントに進出。6月10日、後楽園ホール大会での準決勝で田口隆祐と対戦。360°シューティングスタープレスをかわされてしまい、10分38秒、フェイスバスター2連発からのどどんに敗れた。7月22日の神戸ワールド記念ホール大会を最後にドラゴンゲートを離脱。9月にWWEと契約。WWEではエイドリアン・ネヴィルに改名。 14年2月27日、NXTのフロリダ州ウィンターパーク大会でボー・ダラスのNXTヘビー級王座にラダーマッチで挑戦。シューティングスタープレスを決めてベルト獲得に成功。NXTヘビー級王座を獲得した。7月10日、両国国技館でのWWEの日本公演にエイドリアン・ネヴィルとして来日。サミ・ゼイン(エル・ジェネリコ)を相手にNXT王座の防衛戦。11分38秒、レッドアローで勝利。7月11日、同会場での公演2日目でサミ・ゼインを相手にNXT王座の防衛戦。11分1秒、レッドアローで勝利。7月12日、舞洲アリーナでの日本公演3日目でサミ・ゼインを相手にNXT王座の防衛戦。12分13秒、レッドアローで勝利。12月11日、NXTのビッグマッチ「テイクオーバー・レボリューション」でサミ・ゼインに敗れて王座転落。 15年3月30日、WWEのRAWにネヴィルの名で進出。4月26日、PPV「エクストリーム・ルールズ」に登場。バッドニュース・バレットと対戦。レッドアローで勝利。5月17日、PPV「ペイバック」でバレットと対戦。プランチャを決めた後、バレットが試合放棄してリングアウト勝ち。試合後、襲いかかってきた相手にジャーマンスープレックス、レッドアローを決めて撃退した。5月31日、PPV「エリミネーション・チェンバー」でボー・ダラスと対戦。延髄斬りからのレッドアローで勝利。7月3日、両国国技館で行われたWWEの日本公演でコフィ・キングストンと対戦。10分32秒、レッド・アローで勝利。7月4日、同会場の2日目でクリス・ジェリコと対戦。16分20秒、必殺のレッドアローを膝を立てて防がれ、ウォール・オブ・ジェリコに敗れた。8月23日、PPV「サマースラム」で俳優のスティーブン・アメルと組んでスターダスト、キング・バレット組と対戦。ネヴィルがレッドアローでバレットに勝利。 16年7月19日、ドラフトでRAWに所属。 17年1月29日、PPV「ロイヤルランブル」でリッチ・スワンのクルーザー級王座に挑戦。雪崩式ブレーンバスターからのリングス・オブ・サターンで勝利。クルーザー級王座を獲得した。3月5日、PPV「ファストレーン」でジャック・ギャラハーを相手に防衛戦。レッドアローで勝利。4月2日、PPV「レッスルマニア」でオースチン・エイリースを相手に防衛戦。レッドアローで勝利。4月30日、PPV「ペイバック」でオースチン・エイリースを相手に防衛戦。ラスト・チャンスリーを決められたがレフリーを投げ飛ばして反則負け。規定により王座防衛。6月4日、PPV「エクストリーム・ルールズ」でオースチン・エイリースを相手に防衛戦。レッドアローからのリングス・オブ・サターンで勝利。6月30日、両国国技館で行われたWWEの日本公演でオースチン・エイリース、戸澤陽を相手に3WAYでの防衛戦。戸澤がダイビングセントーンをエイリースに決めたが、ネヴィルが戸澤をリング下まで投げ飛ばし、エイリースにフォール勝ち。7月1日、同会場で戸澤、エイリースを相手に3WAYでの防衛戦。戸澤にディスカス・ファイブアームを決めたエイリースを場外に投げ飛ばして戸澤にフォール勝ち。7月9日、PPV「グレート・ボールズ・オブ・ファイアー」で戸澤陽を相手に防衛戦。トップロープにまたがらせた状態でロープを蹴りあげて股間を痛打させ、ソバットを決めてフォール勝ち。8月14日、RAWで戸澤を相手に防衛戦。ダイビングセントーンに敗れて王座転落。8月20日、PPV「サマースラム」で戸澤のクルーザー級王座に挑戦。ダイビングセントーンを膝を立てて防いだ直後にレッドアローで勝利。王座奪回。9月24日、PPV「ノーマーシー」でエンツォ・アモーレを相手に防衛戦。急所蹴りから丸めこまれてフォール負け。クルーザー級王座から転落した。10月9日、出場予定だったRAWの放送前に会場を立ち去る。その後、WWEでの出場が途絶えた。その後もどこの団体にも出場せずに、しばらく試合から遠ざかる。 18年10月2日、ドラゴンゲートの後楽園ホール大会のメインでEitaのパートナーの「X」としてサプライズ登場。鷹木信悟B×Bハルク組と対戦し、19分5秒、PACが360°シューティングスタープレスで鷹木に勝利。ユニット「R.E.D」に加入した。11月4日、大阪府立体育会館大会でフラミータと対戦。17分45秒、ブラックアローで勝利。11月22日、RPWのハンプシャー州ポーツマス大会でマイク・ベイリーと対戦。ブラックアローで勝利。12月4日、後楽園ホール大会で吉野正人の王座に挑戦。20分33秒、ブラックアローで勝利。オープン・ザ・ドリームゲート王座を獲得した。 19年2月10日、博多スターレーン大会でKzyを相手に防衛戦。25分17秒、ブラックアローで勝利。2月15日、RPWのロンドン大会でオスプレイと対戦。30分時間切れ引き分け。2月17日、OTTのアイルランド・ダブリン大会でウォルターと対戦。ウォルターがレフリーを突きとばしたため反則勝ち。3月3日、大阪府立体育会館・第2競技場大会でシュン・スカイウォーカーを相手に防衛戦。18分30秒、ブラックアローで勝利。5月6日、ドラゴンゲートの愛知県体育館大会でドラゴン・キッドを相手に防衛戦。21分58秒、ブラックアローで勝利。7月21日、ドラゴンゲートの神戸ワールド記念ホール大会のメインでBen−Kを相手に防衛戦。26分31秒、Ben−Kボムに敗れて王座転落。8月31日、AEWのイリノイ州シカゴ・シアーズ・センター大会でケニー・オメガと対戦。23分20秒、コブラクラッチ式ブルータライザーで勝利。10月2日、AEWのワシントンD.C.・キャピタル・ワン・アリーナ大会(テレビ番組「AEWダイナマイト」の第1回放送)でハングマン・ペイジと対戦。ブルータライザーで勝利。10月23日、AEWのペンシルバニア州ピッツバーグ大会でジョン・モクスリーと対戦。時間切れ引き分け。11月6日、AEWのノースカロライナ州シャーロット大会でトレント・バレッタと対戦。ブルータライザーで勝利。11月9日、AEWのメリーランド州ボルチモア・ロイヤル・ファームズ・アリーナでのPPV「フルギア」でハングマン・ペイジと対戦。デッドアイに敗れた。11月13日、AEWのテネシー州ナッシュビル大会でハングマン・ペイジと対戦。ブルータライザーで勝利。11月27日、AEWのイリノイ州シカゴ大会でケニー・オメガと対戦。十字架固めにフォール負け。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP