ダークロHP / レスラーノート

ディラン・ジェイムス
DYLAN JAMES


1991年5月25日
ニュージーランド・オークランド出身
196cm 115kg
タイトル歴:世界タッグ UNヘビー(ZERO1版) 世界ヘビー IPWニュージーランドタッグ
得意技:パワーボム

高校時代はレスリング部に所属。高校卒業後、兄のデーブ・オコナーが所属していたオークランドを拠点とするIPWで練習を開始。その後、兄と共に渡米し、ダッドリーボーイズが経営する3Dアカデミーで練習を開始。 10年2月、IPWでデビュー。デビュー当時のリング名はディルズ・オコナー。兄とのチーム名はザ・キウイ・エキスプレス。10月25日、兄と共にIPWニュージーランドタッグ王座を獲得。 11年11月、ZERO1に初来日。12月8日からZERO1のタッグリーグ戦「風林火山」に崔領二と組んで参戦。2勝1敗1引き分けでリーグ戦を終えた。 12年3月25日、ZERO1の靖国神社大会で植田使徒のUNヘビー級王座に挑戦。17分12秒、ラリアットに敗れた。5月17日、ZERO1に入団。入団後、ジェームス・ライディーンに改名した。6月14日、後楽園ホール大会で植田使徒のUNヘビー級王座に挑戦。15分38秒、ラリアット2連発からのドクターボムに敗れた。10月16日、後楽園ホール大会で小幡優作のUNヘビー級王座に挑戦。16分45秒、パワーボムで勝利。UNヘビー級王座を獲得。11月6日、後楽園ホール大会でマイバッハβを相手に防衛戦。14分12秒、パワーボムで勝利。12月13日、Zepp Nagoya大会でゼウスと組んでタッグトーナメント「風林火山」に出場。1回戦で崔領二、ウィル・ギブソン組と対戦。16分39秒、ライディーンがラリアットで崔に勝利。12月15日、ベルサール六本木大会での準決勝で大谷晋二郎高岩竜一組と対戦。16分59秒、ライディーンがラリアットで高岩に勝利。同日の決勝で植田、小幡組と対戦。19分59秒、ゼウスがダイビングラリアットで小幡に勝利。「風林火山」タッグトーナメントに優勝した。 13年7月17日から始まった火祭りに初参戦。開幕戦の後楽園ホール大会で大谷と対戦。17分58秒、ドラゴンスープレックスに敗れた。7月28日、宇都宮オリオンスクエア大会でデーモン植田と対戦。30分時間切れ引き分け。7月29日、名古屋 テレピアホール大会で崔領ニと対戦。10分19秒、パワーボムで勝利。8月3日、つくばカピオ大会で吉江豊と対戦。ラリアットで勝利。8月4日、後楽園ホール大会で岡林裕二と対戦。13分36秒、パワーボムで勝利。この結果、3勝1敗1引き分けで決勝に進出。同日のメインで田中将斗と対戦。17分5秒、パワーボムで勝利。火祭りに優勝した。同時に世界ヘビー級王座も獲得した。8月31日、横浜文化体育館大会で大谷を相手に防衛戦。16分3秒、パワーボムで勝利。10月13日、後楽園ホール大会のメインで小幡優作を相手に防衛戦。20分18秒、パワーボムで勝利。10月14日、朱鷺メッセ大会で橋本大地と対戦。6分11秒、パワーボムで勝利。10月27日、全日本プロレスの両国国技館大会に登場し、ジョー・ドーリングと組んでディーロ・ブラウンバンビ・キラー組と対戦。13分50秒、ドーリングがレボリューションボムでディーロに勝利。10月29日、新木場1stRING大会でデーモン植田と対戦。8分25秒、パワーボムで勝利。11月17日、ZERO1の後楽園ホール大会で関本大介と対戦。30分時間切れ引き分け。11月30日から始まった全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦にマイバッハβと組んで参戦。リーグ戦を4勝3敗で終えた。12月10日、ナスキーホール・梅田大会でタマ・ウィリアムスと組んで風林火山タッグトーナメントに参戦。1回戦で崔、KAZMA SAKAMOTO組と対戦。15分21秒、ライディーンがパワーボムでKAZMAに勝利。12月11日、名古屋・テレピアホール大会での3回戦で日高、フジタ“Jr”ハヤト組と対戦。12分13秒、タマがダブルアーム式パイルドライバーで日高に勝利。12月17日、後楽園ホール大会での準決勝で大谷、田中将斗組と対戦。15分54秒、タマがダブルアーム式パイルドライバーで田中に勝利。同日の決勝で植田、小幡組と対戦。15分34秒、植田のラリアットにライディーンが敗れた。14年1月1日、後楽園ホール大会でデーモン植田を相手に防衛戦。13分28秒、パワーボムで勝利。 14年3月9日、後楽園ホール大会で崔と組んで大谷、KAMIKAZE組のNWAインターコンチネンタルタッグ王座に挑戦。16分41秒、KAMIKAZEの逆さ抑え込みにライディーンがフォール負け。3月21日、博多スターレーン大会で崔を相手に防衛戦。15分11秒、パワーボムで勝利。3月30日、靖国神社大会のメインで佐藤耕平を相手に防衛戦。13分12秒、パイルドライバーからのジャーマンスープレックスに敗れて王座転落。6月25日、ZERO1がライディーンとの契約解除を発表。ZERO1のホームページには「昨年末より、同選手は会社側への暴言とも受け取れる発言を繰り返して周囲の外国人選手や他参戦選手にも悪影響を及ぼしておりました。再三再四話し合いを行いましたが、本人に改善の気持ちがうかがえず3月の奉納プロレス終了後話し合った結果、「俺はWWEかTNAと契約するからもう日本へは来たくない」との発言を受け2014年4月2日付にてZERO1との契約解除に至りました。又、暴言とも取れる発言の他4月帰国時には日本人女性を女性側のご両親の同意を十分に得ないまま母国ニュージーランドへ「連れて帰る」という半ば「駆落ち」的な行動も発生致しました」と解雇の理由が記載されていた。その後はアメリカのインディー団体を転戦。 15年7月16日から始まった「火祭り」に参戦し、ZERO1に復帰。開幕戦の後楽園ホール大会で大谷と対戦。13分5秒、パワーボムで勝利。7月19日、青森はまなす会館大会で崔と対戦。9分41秒、チョークスラムで勝利。7月25日、袖ヶ浦市臨海スポーツセンター大会でTARUと対戦。9分13秒、パワーボムで勝利。7月28日、豊郷町民体育館大会で関本と対戦。10分25秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。7月30日、露橋スポーツセンター大会で鈴木秀樹と対戦。9分12秒、両者リングアウト。3勝1敗1引き分けでBブロックを2位で突破。8月2日、後楽園ホール大会での準決勝で佐藤耕平と対戦。8分52秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。9月12日、新潟市体育館大会でKAMIKAZEと組んで佐藤、関本組のNWAインターコンチネンタルタッグ王座に挑戦。15分8秒、関本のジャーマンスープレックスにKAMIKAZEが敗れた。9月23日、後楽園ホール大会で田中将斗と対戦。13分41秒、ライディーンボムで勝利。10月11日、後楽園ホール大会のメインで佐藤耕平の世界ヘビー級王座に挑戦。13分13秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。10月25日、東京タワー大会で横山佳和と対戦。6分、ジュラシックボムで勝利。11月23日、新木場1stRING大会のメインで鈴木秀樹の世界ヘビー級王座に挑戦。14分36秒、卍固めにレフリーストップ負け。12月19日、新木場1stRING大会で鈴木秀樹と組んで佐藤耕平、関本組のNWAインターコンチネンタルタッグ王座に挑戦。13分58秒、佐藤のジャーマンスープレックスにライディーンが敗れた。 16年2月12日、ヤンゴン市Thein Phyu競技場で開かれたミャンマー初のプロレス大会のメインで田村潔司と対戦。10分50秒、逆片エビ固めに敗れた。2月24日、新木場1stRING大会で関本と対戦。30分時間切れ引き分け。3月27日、靖国神社大会で小幡と対戦。10分29秒、ジュラシックボムで勝利。5月6日、後楽園ホール大会のメインで田中将斗と組んで佐藤耕平、関本大介組のタッグ王座に挑戦。20分41秒、ライディーンがジュラシックボムで佐藤に勝利。NWAインターコンチネンタルタッグ王座を獲得した。5月29日、新木場1stRING大会で菅原拓也と対戦。11分36秒、ジュラシックボムで勝利。7月8日から始まった火祭りに参戦。開幕戦の名古屋市中村スポーツセンター大会でKAMIKAZEと対戦。8分43秒、逆さ押さえ込みにフォール負け。7月10日、TAKESHIBAコロシアム大会で大谷と対戦。14分16秒、フランシュタイナーに敗れた。7月12日、新木場1stRING大会で磐城利樹と対戦(非公式戦)。4分10秒、ラリアットで勝利。7月13日、新木場1stRING大会で田中将斗と対戦。14分10秒、ジュラシックボムで勝利。7月14日、新木場1stRING大会でフジタ“Jr”ハヤトと対戦。15分46秒、ジュラシックボムで勝利。7月16日、青森市内大会で将軍岡本と対戦。9分48秒、ラリアットで勝利。7月17日、青森市はまなす会館大会で横山佳和と対戦(非公式戦)。4分52秒、ジュラシックスラムで勝利。7月18日、秋田セリオンプラザ大会で佐藤耕平と対戦。8分21秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。7月19日、新潟市万代シティーパーク大会で浜亮太と対戦。7分58秒、両者リングアウト。7月31日、最終戦の後楽園ホール大会で小幡と対戦。30分時間切れ引き分け。リーグ戦を4勝3敗2引き分け(1不戦勝を含む)で終えた。8月18日、新木場1stRING大会で、将軍岡本組を相手にタッグ王座の防衛戦。17分49秒、ライディーンがジュラシックボムで岡本に勝利。8月21日、マクドナルド龍ヶ崎店200m先広場特設リング大会でKAMIKAZEと対戦。10分21秒、ジュラシックボムで勝利。8月28日、超花火プロレスのセラトピア土岐大会で将軍岡本と対戦。11分21秒、バックドロップに敗れた。9月25日、相川体育館大会でKAMIKAZEと対戦。13分29秒、ジュラシックボムで勝利。11月19日、新木場1stRING大会でハートリー・ジャクソンと対戦。11分42秒、TARUの乱入により反則勝ち。12月12日、名古屋市北スポーツセンター大会での風林火山タッグトーナメント1回戦で田中将斗と組んで曙、将軍岡本組と対戦。13分3秒、岡本のバックドロップにライディーンが敗れた。12月24日、TAKESHIBAコロシアム大会で横山と対戦。6分46秒、ジュラシック・スラムで勝利。 17年1月14日、新木場1stRING大会でハートリー・ジャクソン、TARU組を相手にタッグ王座の防衛戦。18分51秒、ジャクソンのダイビング・エルボードロップにライディーンが敗れて王座転落。1月15日、埼玉県産業技術総合センター大会で横山と対戦。6分48秒、チョークスラムで勝利。2月5日、TAKESHIBAコロシアム大会でハートリー・ジャクソンと対戦。9分38秒、両者リングアウト。2月26日、エスフォルタアリーナ八王子大会で田中将斗と対戦。12分11秒、クルスフィックスにフォール負け。3月26日、靖国神社大会で小幡と対戦。14分38秒、投げっぱなしパワーボムで勝利。3月30日、守山市民体育館大会で将軍岡本と対戦。20分時間切れ引き分け。4月26日、後楽園ホール大会で田中将斗の世界ヘビー級王座に挑戦。16分41秒、スライディングDに敗れた。6月18日、TAKESHIBAコロシアム大会で田中将斗と対戦。20分時間切れ引き分け。6月22日、後楽園ホール大会でハートリー・ジャクソンと対戦。14分39秒、ジュラシックボムで勝利。7月8日、御前崎市B&G海洋センター大会で横山と対戦。8分32秒、チョークスラムで勝利。7月9日から始まった「火祭り」に参戦。7月11日、新木場1stRING大会で宮本裕向と対戦。12分11秒 、ジャックナイフ式エビ固めにフォール負け。7月12日、新木場1stRING大会でスーパー・タイガーと対戦。7分38秒、腕固めに敗れた。7月14日、むつ市大畑体育館大会でLEONAと対戦。9分49秒、チョークスラムで勝利。7月15日、青森市内大会で小幡と対戦。13分1秒、ダイビングダブルニードロップに敗れた。7月19日、仙台市宮城野文化センター大会で拳王と対戦。10分50秒、エビ固めにフォール負け。7月22日、高山マウントエース大会で佐藤耕平と対戦。8分43秒、パイルドライバーに敗れた。7月23日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で将軍岡本と対戦。5分39秒、ジュラシックボムで勝利。7月26日、万代シティパーク特設リング大会で田中将斗と対戦。10分31秒、スライディングDに敗れた。7月28日、芝新堀児童遊園特設リング大会で稲葉大樹と対戦。9分59秒、ジュラシックボムで勝利。リーグ戦は3勝6敗に終わった。8月11日、笠間市岩間B&G海洋センター大会で佐藤耕平と対戦。9分4秒、ジャイアントマヒストラルにフォール負け。 18年3月19日、全日本プロレスの後楽園ホール大会でディラン・ジェイムスの名で来日し、ボディガーと対戦。3分52秒、ラリアットで勝利。3月25日、全日本プロレスのさいたまスーパーアリーナ大会で崔と組んでゼウス、ボディガー組の世界タッグ王座に挑戦。17分50秒、崔が那智の滝でボディガーに勝利。世界タッグ王座を獲得した。4月7日から始まった全日本プロレスのチャンピオンカーニバルに参戦。開幕戦の仙台サンプラザホール大会で秋山準と対戦。3分57秒、チョークスラムをエビ固めに切り返されてフォール負け。4月10日、アオーレ長岡大会で吉江豊と対戦。10分10秒、チョークスラムで勝利。4月11日、金沢流通会館大会でゼウスと対戦。4分12秒、ラリアットで勝利。4月12日、豊岡市民体育館大会で丸藤正道と対戦。5分39秒、高角度後方回転エビ固めにフォール負け。4月16日、オロシティーホール大会でヨシタツと対戦。14分40秒、CBJに敗れた。4月18日、松山市総合コミュニティセンター大会でKAIと対戦。6分37秒、雁之助クラッチにフォール負け。4月25日、後楽園ホール大会で諏訪魔と対戦。7分15秒、チョークスラムで勝利。リーグ戦は3勝4敗に終わった。6月3日、全日本プロレスの神戸サンボーホール大会でTAJIRI、KAI組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分55秒、ジェイムスがチョークスラムでTAJIRIに勝利。6月5日、ジェイク・リー、崔、岩本煌史佐藤恵一とユニット「Sweeper」を結成。6月12日、全日本プロレスの後楽園ホール大会で宮原健斗の三冠王座に挑戦。23分8秒、シャットダウンスープレックスに敗れた。6月17日、全日本プロレスの函館アリーナ・サブアリーナ大会で野村直矢と対戦。9分53秒、チョークスラムで勝利。6月30日、ホテルエミシア札幌大会で諏訪魔、石川修司組を相手にタッグ王座の防衛戦。19分48秒、諏訪魔のバックドロップホールドにジェイムスが敗れて王座転落。7月22日、博多スターレーン大会でヨシタツと対戦。11分57秒、CBJに敗れた。8月21日、大阪市立都島区民センター大会で諏訪魔と対戦。8分49秒、アンクルホールドに敗れた。9月16日、長野アークス大会での王道トーナメント1回戦でジョー・ドーリングと対戦。11分49秒、低空フライングボディアタックに敗れた。9月30日、熊谷市・ホテルガーデンパレス大会でヨシタツと対戦。9分41秒、チョークスラムで勝利。10月3日、新木場1stRING大会で野村直矢と対戦。11分54秒、チョークスラムで勝利。10月21日、横浜文化体育館大会でジェイク・リーと対戦。10分42秒、ジャイアントキリングに敗れた。11月13日から始まった世界最強タッグ決定リーグ戦にジョー・ドーリングと組んで参戦。12月11日、後楽園ホール大会のメインで優勝をかけて諏訪魔、石川修司組と対戦。18分52秒、ジェイムスがチョークスラムで石川に勝利。7勝3敗となりタッグリーグ戦に優勝した。 19年1月2日、後楽園ホール大会でドーリングと組んで諏訪魔、石川組の世界タッグ王座に挑戦。18分33秒、石川のジャイアントスラムにジェイムスが敗れた。1月9日、新木場1stRING大会でギアニー・ヴァレッタと対戦。7分52秒、チョークスラムで勝利。2月24日、横浜文化体育館大会で野村直矢と対戦。10分48秒、マキシマムに敗れた。4月4日から始まった全日本プロレスのチャンピオンカーニバルに参戦。4月6日、木更津市民会館大会で崔と対戦。8分20秒、ラリアットで勝利。4月9日、くにびきメッセ・多目的ホール大会でギアニー・ヴァレッタと対戦。10分30秒、チョークスラムで勝利。4月11日、アクロス福岡大会で宮原と対戦。20分39秒、シャットダウンスープレックスに敗れた。4月13日、大阪府立体育会館・第2競技場大会でゼウスと対戦。16分56秒、ジャックハマーに敗れた。4月15日、金沢流通会館大会で青柳優馬と対戦。4分58秒、チョークスラムで勝利。4月20日、ホテルエミシア札幌大会で岡林裕二と対戦。30分時間切れ引き分け。4月23日、仙台PIT大会で石川修司と対戦。15分20秒、チョークスラムで勝利。4月25日、後楽園ホール大会で青木篤志と対戦。9分7秒、飛行機投げ固めにフォール負け。リーグ戦は4勝3敗1引き分けに終わった。6月2日、神戸サンボーホール大会でジョー・ドーリングと組んで諏訪魔、石川修司組の世界タッグ王座に挑戦。22分24秒、諏訪魔のバックドロップホールドにジェイムスが敗れた。8月29日、函館アリーナ・サブアリーナ大会で青柳優馬と対戦。8分6秒、チョークスラムで勝利。9月15日、夢メッセみやぎ西館ホール大会での王道トーナメント1回戦でゼウスと対戦。14分59秒、ジャックハマーに敗れた。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP