ダークロHP

ミズ
THE MIZ


本名:ミカエル・ミザニン
1980年10月8日
オハイオ州パルマ出身
185cm 105kg
タイトル歴:WWEヘビー WWE・USヘビー WWE統一タッグ  DSWヘビー OVW南部タッグ WWEインターコンチネンタル
得意技:スカル・クラッシング・フィナーレ(フルネルソンでとらえて前方へ倒れこむ) 足4の字固め

03年にUPWでデビュー。04年にWWEのプロレスラーオーディション番組「タフ・イナフ」に出演し、決勝進出。PPV「アルマゲドン」でD・ピューターと決勝戦を行ない敗れた。05年にWWEと契約し、2軍団体のDSWに入団。12月1日にトーナメントの決勝でマイク・ノックスに勝利して初代DSWヘビー級王座を獲得。 06年1月、OVWに登場。2月8日、クリス・ケージと組んでOVW南部タッグ王座を獲得。6月2日の放送からスマックダウンに登場。当初は司会者役として登場していたが、8月から試合に出場。 07年6月にECWに移籍。11月13日、ジョン・モリソンと組んでマット・ハーディーMVP組を破りWWEタッグ王座を獲得。 08年12月13日、オンタリオ州ハミルトンでのハウスショーでジョン・モリソンと組んでCMパンクコフィ・キングストン組に勝利して世界タッグ王座を獲得。 09年4月にRAWに移籍し、モリソンとのタッグを解消。10月5日、コフィ・キングストンに勝利してUS王座を獲得。 10年2月8日、ビッグショーと組んでタッグ王者のHHHマイケルズ組、CMパンク、ルーク・ガロウズ組を相手に王座戦。ミズがマイケルズを丸めこんでフォール勝ちし、WWE統一タッグ王座を獲得。2月21日、PPV「エリミネーション・チェンバー」で、MVPを相手に防衛戦。セコンドのビッグショーがMVPに場外からノックアウトパンチを見舞い、フォール勝ち。3月28日、レッスルマニアでRトゥルース、モリソン組を相手に防衛戦を行ない、ビッグショーがノックアウトパンチでモリソンに勝利。4月26日、ハート・ダイナスティを相手にタッグ王座の防衛戦。キッドのシャープシューターにミズが敗れて王座転落。5月17日、ブレット・ハートを相手に防衛戦。シャープシューターに敗れてUS王座から転落。6月14日、王者トゥルース、モリソン、ザック・ライダーを相手に4WAYでの王座戦。トゥルースにスターシップペインを決めたモリソンをリング下に放り投げて、倒れたトゥルースをフォールして勝利。US王座を獲得した。6月20日、PPV「フェイタル4ウェイ」でトゥルースを相手に防衛戦。回転エビ固めを押しつぶしてフォール勝ちして防衛成功。7月18日、PPV「マネーインザバンク」でのラダーマッチに勝利して世界王座への挑戦権を獲得。8月20、21日に行われた両国国技館でのWWEの日本公演に来日。初日はミステリオと対戦し、13分22秒、スワンダイブ式ボディプレスに敗れた。2日目はデビアスと組んでハート・ダイナスティのタッグ王座に挑戦。11分1秒、合体技のコードブルーをくらってタイソン・キッドにデビアスがフォール負け。9月19日、PPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ」でダニエル・ブライアンを相手に防衛戦。ラーベルロックに敗れて王座転落。10月3日、PPV「ヘル・イン・ア・セル」で王者ダニエルソン、モリソンを相手にサブミッション・カウント・エニウェア・マッチで王座戦。ステージ上でのダニエルソンのラーベルロックにミズが敗れた。11月22日のRAWで、オートンが防衛に成功した直後に王座挑戦権を行使して試合開始。スカル・クラッシング・フィナーレでフォール勝ちしてWWE王座を獲得した。12月19日、PPV「TLC」でオートンを相手にテーブルマッチで防衛戦。レフリーが倒れている間に乱入させたライリーがオートンにパワーボムで机にたたきつけられ、テーブルが破壊。直後にスカル・クラッシング・フィナーレを決め、割れたテーブルの上にオートンを載せ、起きあがったレフリーに見せて勝利のゴング。しかしリプレイ画面を見たレフリーが試合再開を宣言。最後はライリーをつき飛ばしてオートンに激突させて、オートンが場外に落下してテーブルが破壊。王座防衛に成功した。11年1月3日、RAWで、モリソンを相手にフォールズ・カウント・エニウェアマッチで防衛戦。リング下の机に寝かされてのスターシップペインをなんとかかわし、場外でのスカル・クラッシング・フィナーレで勝利。 11年1月30日、PPV「ロイヤルランブル」でオートンを相手に防衛戦。試合終盤にRKOをくらったが、CMパンクが乱入してオートンにGTS。そのままフォール勝ちして王座防衛。2月20日、PPV「エリミネーション・チェンバー」で、ジェリー・ローラーを相手に防衛戦。スカル・クラッシング・フィナーレで勝利して防衛に成功。4月3日、レッスルマニアのメインでシナを相手に防衛戦。両者リングアウトの引き分けに終わるが、大会ホストのザ・ロックが現れて試合続行を宣言。試合再開後、ロックがロックボトムをシナに決め、そのままフォールして防衛に成功。リング上で勝ち誇っていたが、ロックのスパインバスター、ピープルズエルボーをくらった。5月1日、PPV「エクストリーム・ルールズ」でモリソン、シナを相手にスティールケージ・マッチで防衛戦。シナのトップロープからの雪崩式アティテュード・アジャストメントをくらってフォール負け。王座転落。5月22日、PPV「オーバー・ザ・リミット」でシナのWWE王座に挑戦。アレックス・ライリーも試合に参加して2対1での対戦となり圧倒的優位の中で試合を展開。場外でグロッキー状態のシナにマイクを差しだすと「アイ・クイット」の絶叫。直後にゴングが鳴って試合終了となったが、レフリーが場外でボイスレコーダーを発見。別人の声だったことが判明し、試合再開。場外でのライリーのベルト攻撃が誤爆してミズが倒れている間に、シナの実況席へのアティテュード・アジャストメントをくらったライリーがKO。最後はSTFに敗れた。この敗戦をきっかけに、その後はアレックス・ライリーと抗争。6月19日、PPV「キャピタル・パニッシュメント」でアレックス・ライリーと対戦。DDTに敗れた。9月18日、PPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ」でトゥルースと組んでコフィ、ボーン組のWWEタッグ王座に挑戦。ミズがスカル・クラッシング・フィナーレをボーンに決めたが、レフリーがトゥルースと口論していたためフォールが遅れてカウント2。フォールが遅れたことに怒ったミズがレフリーを暴行して反則負け。この大会のメインのHHH対パンク戦では、トゥルースと共に乱入して2人を攻撃。9月19日のRAWでトゥルースと共にHHHから解雇を宣告された。10月2日、PPV「ヘル・イン・ア・セル」ではトゥルースと共に第1試合の前に観客席の最前列に登場したが、退去を命じられた。メイン終了後にトゥルースと共に乱入してシナやCMパンクを攻撃した。10月10日のRAWで、GMに就任したジョン・ローリナイティスによってトゥルースと共に復職を命じられた。10月23日、PPV「ヴェンジェンス」でトゥルースと組んでパンク、HHH組と対戦。終盤にケビン・ナッシュが乱入してHHHを攻撃し、ミズのスカル・クラッシング・フィナーレとトゥルースのリバースSTOの合体技でパンクに勝利。11月20日、PPV「サバイバーシリーズ」のメインでトゥルースと組んでザ・ロック、シナ組と対戦。ロックのスパイン・バスター、ピープルズ・エルボーをくらってミズがフォール負け。11月30日、横浜アリーナでのRAWの日本公演でシナと対戦。16分16秒、アティテュード・アジャストメントに敗れた。12月1日、同会場での2日目はケビン・ナッシュと組んでビッグショー、シナ組と対戦。9分21秒、シナのアティテュード・アジャストメントにミズが敗れた。12月18日、PPV「TLC」のメインでWWE王者のパンク、デル・リオを相手にTLCマッチで王座戦。GTSをくらってパンクにベルトを奪われて王座奪取に失敗。 12年5月20日、PPV「オーバー・ザ・リミット」でブローダス・クレイと対戦。ランニングボディプレスに敗れた。7月23日、ロウの放映1000回記念特番でクリスチャンのインターコンチネンタル王座に挑戦。スカル・クラッシング・フィナーレで勝利して王座獲得。8月19日、PPV「サマースラム」でミステリオを相手に防衛戦。スカル・クラッシング・フィナーレで勝利。9月16日、PPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ」でコーディ、ミステリオ、シン・カラを相手に4WAYでの防衛戦。ミズがスカル・クラッシング・フィナーレでコーディに勝利。10月16日、コフィを相手に防衛戦。トラブル・イン・パラダイスに敗れて王座転落。10月28日、PPV「ヘル・イン・ア・セル」でコフィのインターコンチネンタル王座に挑戦。トラブル・イン・パラダイスに敗れた。11月、ヒールからベビーフェイスに転向。 13年2月17日、PPV「エリミネーション・チェンバー」でセザーロのUS王座に挑戦。誤ってセザーロの急所に膝を落としてしまったため反則負け。4月7日、PPV「レッスルマニア」のプレショーでウェイド・バレットを破りインターコンチネンタル王座を獲得。4月8日、RAWでバレットを相手に防衛戦。ブル・ハンマーに敗れて王座転落。6月16日、PPV「ペイバック」でインターコンチネンタル王者のバレット、カーティス・アクセルを相手に3WAYでの王座戦。ミズがバレットに足4の字固めを決めたが、アクセルがバレットに覆いかぶさってフォール勝ち。7月4日、両国国技館でのWWEの日本公演に来日。カーティス・アクセルのインターコンチネンタル王座に挑戦。ショルダーネックブリーカーに敗れた。7月5日、同所での公演2日目ではライバックと対戦。14分34秒、シェルショックに敗れた。7月14日、PPV「マネーインザバンク」でカーティス・アクセルのインターコンチネンタル王座に挑戦。ハングマンズ・フェイスバスターに敗れた。9月15日、PPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ」でファンダンゴと対戦。足4の字固めで勝利。12月15日、PPV「TLC」でコフィと対戦。トラブル・イン・パラダイスに敗れた。 14年7月10日、両国国技館でのWWEの日本公演に来日。ドルフ・ジグラーと対戦。12分58秒、ジグザグに敗れた。7月11日、同会場での公演2日目でビッグEと対戦。11分31秒、アバランシュホールドに敗れた。7月12日、舞洲アリーナでの日本公演3日目でドルフ・ジグラーと対戦。10分34秒、ジグザグに敗れた。7月20日、PPV「バトルグラウンド」で、19人参加のバトルロイヤルに勝利してインターコンチネンタル王座を獲得した。8月17日、PPV「サマースラム」でドルフ・ジグラーを相手に防衛戦。スカル・クラッシング・フィナーレをカウント2で返され、ジグザグに敗れて王座転落。9月21日、PPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ」でジグラーの王座に挑戦。タイツをつかんだ丸め込みでフォール勝ち。インターコンチネンタル王座を奪回。9月22日、RAWでジグラーを相手に防衛戦。タイツをつかんだ丸め込みにフォール負けして王座転落。10月26日、PPV「ヘル・イン・ア・セル」でシェーマスのUS王座に挑戦。ブローグキックに敗れた。11月23日、ダミアン・ミズドウと組んでWWEタッグ王座を獲得。12月14日、PPV「テーブルズ、ラダーズ、チェアーズ&ステアーズ」でウーソーズを相手にタッグ王座の防衛戦。トロフィーで殴り反則負けになり、規定により王座防衛に成功した。12月29日、ウーソーズに敗れてタッグ王座から転落。 15年1月25日、PPV「ロイヤルランブル」でダミアン・ミズドウと組んでウーソズのタッグ王座に挑戦。ジミーのサモアン・スプラッシュにミズが敗れた。 16年4月4日、RAWでザック・ライダーを破りインターコンチネンタル王座を獲得。5月1日、PPV「ペイバック」でセザーロを相手に防衛戦。イエスロックを決められタップしたが、レフリーがエプロンで乱闘しているサミ・ゼインとケビン・オーエンズに気を取られて試合続行。その隙を突いてスクールボーイでフォール勝ち。5月22日、PPV「エクストリーム・ルールズ」でセザーロ、オーエンズ、ゼインを相手に4WAYマッチで防衛戦。ゼインのヘルーバキックをくらったセザーロをミズがフォールして勝利。7月19日、ドラフトでスマックダウンに所属。8月21日、PPV「サマースラム」でアポロ・クルーズを相手に防衛戦。スカル・クラッシング・フィナーレで勝利。9月11日、PPV「バックラッシュ」でジグラーを相手に防衛戦。スカル・クラッシング・フィナーレで勝利。10月9日、PPV「ノーマーシー」でドルフ・ジグラーを相手に防衛戦。スーパーキックに敗れて王座転落。11月20日、PPV「サバイバーシリーズ」でサミ・ゼインを相手に防衛戦。4の字固めをくらって苦しんでいたところにセコンドのマリースがゴングを鳴らし、勝利を勘違いしたゼインを丸めこんでフォール勝ち。12月4日、PPV「TLC」でドルフ・ジグラーを相手にラダーマッチで防衛戦。ベルトを獲得して勝利した。 17年1月3日、スマックダウンでディーン・アンブローズを相手に防衛戦。セコンドのマリースをレフリーに退場させられてしまい、ダーティ・ディーズに敗れて王座転落。6月4日、PPV「エクストリーム・ルールズ」でアンブローズの王座に挑戦。スカル・クラッシング・フィナーレで勝利。インターコンチネンタル王座を奪回。7月9日、PPV「グレート・ボールズ・オブ・ファイアー」でアンブローズを相手に防衛戦。スカル・クラッシング・フィナーレで勝利。6月30日、両国国技館で行われたWWEの日本公演でサモア・ジョーと組んでロリンズ、アンブローズ組と対戦。アンブローズのダーティディーズにミズが敗れた。7月1日、同会場のメインでサモア・ジョーと組んでレインズ、アンブローズ組と対戦。アンブローズのダーティディーズにミズが敗れた。9月24日、PPV「ノーマーシー」でジェイソン・ジョーダンを相手に防衛戦。スカル・クラッシング・フィナーレで勝利。11月19日、PPV「サバイバーシリーズ」でUS王者のバロン・コービンとノンタイトルマッチ。エンド・オブ・デイズに敗れた。11月20日、RAWでローマン・レインズを相手に防衛戦。スピアーに敗れて王座転落。 18年1月22日、RAWでレインズを破りインターコンチネンタル王座を奪回。4月8日、PPV「レッスルマニア」でロリンズ、ベイラーを相手に3WAYでの防衛戦。ロリンズのカーブストンプにミズが敗れて王座転落。5月6日、PPV「バックラッシュ」でロリンズのインターコンチネンタル王座に挑戦。カーブストンプに敗れた。6月29日、両国国技館でのWWEの日本公演でダニエル・ブラアイアンと対戦。21分52秒、ニープラスに敗れた。6月30日、同会場でヒデオ・イタミと対戦。15分9秒、スカルクラッシングフィナーレを切り返されてのエビ固めにフォール負け。8月19日、PPV「サマースラム」でダニエル・ブライアンと対戦。凶器攻撃でフォール勝ち。10月6日、PPV「スーパーショーダウン」でダニエル・ブライアンを相手にWWE王座挑戦者決定戦。スモールパッケージホールドにフォール負け。10月16日、スマックダウン1000回放送記念大会でルセフとWWEワールドカップ出場をかけて対戦。スクールボーイでフォール勝ち。11月2日、サウジアラビアで行われたPPV「クラウンジュエル」でのWWEワールドカップ1回戦でジェフ・ハーディーと対戦。ツイスト・オブ・フェイトをスカル・クラッシング・フィナーレに切り返して勝利。同日の準決勝でミステリオと対戦。スワンダイブ式フロッグスプラッシュを膝を立てて防ぎ、直後にエビ固めでフォール勝ち。同日の決勝でドルフ・ジグラーと対戦。場外で足をひねって「試合続行不可能」となり、代役で出場したジェイン・マクマホンが勝利した。 19年1月27日、PPV「ロイヤルランブル」でシェイン・マクマホンと組んでシェーマス、セザーロ組のタッグ王座に挑戦。シェインがシューティングスタープレスでセザーロに勝利。スマックダウンタッグ王座を獲得した。2月17日、PPV「エリミネーション・チェンバー」でウーソーズを相手にタッグ王座の防衛戦。ジミーの十字架固めにミズがフォール負けして王座転落。3月10日、PPV「ファストレーン」でシェインと組んでウーソーズのタッグ王座に挑戦。ジェイに丸めこまれてミズがフォール負け。4月7日、PPV「レッスルマニア」でシェインとエニウェア・フォール・マッチ。場外で、機材エリアの最上段からの雪崩式ブレーンバスターを決めたが、シェインがカバーしていると判断されてフォール負け。4月15日、RAWに移籍。5月19日、PPV 「マネー・イン・ザ・バンク」でシェイン・マクマホンと金網マッチ。脱出されて敗れた。9月15日、PPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」で中邑真輔のインターコンチネンタル王座に挑戦。キンシャサに敗れた。12月15日、PPV「TLC」でブレイ・ワイアットと対戦。シスターアビゲイルに敗れた。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP