ダークロHP

ラシュリー
LASHLEY


本名:フランクリン・ロバート・ラシュリー
1976年7月16日
カンザス州ジャンクションシティ出身
190cm 125kg
タイトル歴:USヘビー ECWヘビー TNA世界ヘビー インパクト世界ヘビー
得意技:スピアー

03年11月にWWEと契約。2軍団体のOVWではブラスター・ラシュリーの名で活躍。05年5月16日、RAWのダークマッチに出場。9月にスマックダウンに登場。 06年5月にJBLを破りUSヘビー級王座を獲得。11月にECWに移籍。12月3日、PPV「ディッセンバー・トゥ・ディスメンバー」でECWヘビー級王座を獲得。 07年4月1日、レッスルマニアでの大富豪トランプ対WWE代表ビンス・マクマホンの代理人対決に出場。トランプの代理人としてビンスの代理人のウマガと対戦。反則をくりかえすウマガに特別レフリーのスティーブ・オースチンがスターナーを決め、直後にスピアーを決めて勝利した。 08年2月にWWEを離脱。8月15日、IGFの両国国技館大会でザ・プレデターと対戦。10分54秒、スピアーで勝利。9月6日、WLWのミズーリ州セデーリア大会で潮崎豪、マーク・ゴディガーと対戦し、ゴディガーにフォール勝ち。12月13日、総合格闘技デビュー。Mixed Fighting Allianceの大会に出場し、ジョシュア・フランクリンと対戦し41秒でTKO勝ち。 09年6月27日、ミシシッピー州ビロクシーのミシシッピーコースト・コロシアムでの総合格闘技イベント「アルティメット・カオス」に参戦し、メインでボブ・サップと対戦。3分17秒、パウンドでタップアウト勝ち。7月にTNAに登場。7月22日、TNA王者カート・アングル、レジェンド王者ケビン・ナッシュフォーリーを相手に変則ダブルタイトルマッチで対戦。フォーリーがナッシュにフォール勝ちし、レジェンド王座を獲得。その後、大乱闘。ラッシュリーはサモア・ジョーに襲いかかった。9月20日、PPV「ノーサレンダー」でライノと対戦。ノックアウトパンチで勝利。10月18日、PPV「バウンド・フォー・グローリー」でサモア・ジョーとサブミッションマッチで対戦。大外刈りでダウンさせてグランドチョークを決めて勝利。11月15日、PPV「ターニングポイント」でスコット・スタイナーとフォールズカウント・エニウェア・マッチで対戦。場外戦で鉄パイプで殴られてフォール負け。12月20日、PPV「ファイナル・レゾリューション」でスコット・スタイナーとラストマン・スタンディング・マッチで対戦。スピアーからの鉄パイプ殴打でノックアウト勝利。 10年1月30日、フロリダ州サンライズでの総合格闘技団体Strikeforceのバンクアトランティック・センター大会で元UFCのベテラン選手ウェズ・シムズと対戦。1R2分6秒、パウンドでTKO勝ち。2月にTNAを離脱。8月21日、ストライクフォースのヒューストン大会でチャド・グリッグスと対戦し、2R終了時にスタミナ切れで動けなくなってレフリーストップ負け。総合格闘技6戦目で初黒星となった。9月25日、IGFのJCBホール大会でボブ・サップと組んで本田多聞ケンドー・カシン組と対戦。試合終盤にカシンがサップの背後からイス攻撃した後、すぐにイスをラシュリーにパス。振りかえったサップが裏切られたと勘違いしてラシュリーに襲いかかったが、ラシュリーがスピアーで反撃。7分43秒、カシンがダウンしているサップにフォール勝ち。12月3日、IGFの両国国技館大会でハリケーンと組んで佐々木健介中嶋勝彦組と対戦。14分13秒、鬼嫁殺しをくらって場外に転落した直後にハリケーンが健介のノーザンライトボムをくらって敗れた。 11年2月5日、IGFの福岡国際センター大会でシャド・ガスパードと組んでエリック・ハマー、澤田組と対戦。10分31秒、ハマーのスピアーにガスパードが敗れた。4月28日、IGFの東京ドームシティホール大会で、IGFチャンピオンシップトーナメント1回戦としてキース・ハンソンと対戦。4分59秒、スピアーで勝利。7月10日、IGFの東京ドームシティホール大会でのトーナメント準決勝でジョシュ・バーネットと対戦。7分14秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。8月27日、IGFの両国国技館大会でエリック・ハマーと対戦。5分45秒、両者リングアウトの引き分け。9月3日、IGFの愛知県体育館大会でハーリー・スミスと組んでケンドー・カシン、藤田和之組と対戦。10分16秒、藤田のバックドロップホールドにスミスが敗れた。12月2日、IGFの両国国技館大会でピーター・アーツと組んで藤田、カシン組と対戦。6分45秒、アーツが右ハイキックで藤田にフォール勝ち。 12年3月20日、IGFの福岡国際センター大会でボブ・サップと組んで藤田、カシン組と対戦。6分22秒、藤田のキャメルクラッチにサップが敗れた。9月29日、IGFの愛知県体育館大会のメインで藤田和之のIGF王座に挑戦。10分49秒、パワーボムに敗れた。10月16日、IGFの東京ドームシティホール大会でケンドー・カシンと対戦。8分、パワースラムからスピアーを決めてフォール勝ち。10月20日、レジスタンス・プロでジェイ・ブラッドリー、ロバート・アンソニーを相手に3WAYでのレジスタンス・プロ・ヘビー級王座の決定戦。アンソニーのミサイルキックからブラッドリーのラリアットをくらってフォール負け。試合はアンソニーの勝利に終わった。 14年3月9日、TNAに登場。6月19日、エリック・ヤングを破りTNA世界ヘビー級王座を獲得。10月24日、総合格闘技団体ベラトールのカンザス州大会でカール・マドリンと対戦。1R1分31秒、パンチの連打でTKO勝ち。9月18日、ボビー・ルードに敗れて王座転落。 15年1月7日、ボビー・ルードに勝利してTNA王座を奪回。1月31日、カート・アングルに敗れて王座転落。10月4日、PPV「バウンド・フォー・グローリー」でボビー・ルードのキング・オブ・マウンテン王座に挑戦。ルード・ボムに敗れた。 16年6月12日、PPV「スラミバーサリー」のメインでドリュー・ギャロウェイのTNA世界ヘビー級王座に挑戦。肩固めで勝利。TNA世界ヘビー級王座を獲得した。7月13日、Xディビジョン王者のエディ・エドワーズを相手に金網マッチで王座統一戦。スピアーで勝利してXディビジョン王座も獲得した。8月11日、KOTM王者のジェームス・ストームと王座統一戦。スピアーで勝利して王座統一。8月12日、KOTM王座をTNA世界王座と統合し、Xディビジョン王座は返上した。10月2日、PPV「バウンド・フォー・グローリー」のメインでイーサン・カーター3世を相手に防衛戦。スピアーで勝利。10月3日、エディ・エドワーズを相手に防衛戦。トペ・スイシーダをかわしてフェンスに激突させて、リングに上げて、とどめのスピアーを狙って突進したところにカウンターのジャンピング・ニーアタックをくらってフォール負け。TNA王座から転落した。10月20日の放送でムースを相手に挑戦者決定戦。セカンドロープからのスピアーを決めて勝利。11月3日の放送でエドワーズの王座に挑戦。スピアーを決めたがレフリーが倒れていたため試合続行。レフリーに抗議している隙を突かれてジャンピング・ニーアタックをくらってフォール負け。 17年1月5日、イーサン・カーター3世、TNA王者のエドワーズを相手に3WAYでの王座戦。終盤にラシュリーがチャンピオンベルトを持ちだし攻撃を加えようとしたところで長期欠場していたデイビー・リチャーズが入場して背後からベルトを取りあげられ、直後にジャンピング・ニーアタックをくらって敗れた。1月6日、PPV「ワンナイトオンリー」でリチャーズの復帰戦の対戦相手として登場。チキンウイング・アームロックで勝利。1月8日、エディ・エドワーズのインパクト世界ヘビー級王座(TNA世界ヘビー級王座)に30分アイアンマッチで挑戦。3対2で勝利。インパクト世界ヘビー級王座を獲得した。3月2日の放送でジョシュ・バーネットを相手に防衛戦。スピアーで勝利。3月9日の放送でアルベルト・エル・パトロンを相手に防衛戦。レフリー不在の状況でベルトで殴打されてフォール負け。3月16日の放送で、反則のためパトロンの王座奪取は無効と判定された。4月20日の放送でジェームス・ストームを相手に防衛戦。スピアーで勝利。同日、ジェフ・ジャレットが実権を握ったことによりインパクト・レスリングとGFWが合併。5月4日の放送からGFWの選手が番組に合流。6月8日の放送でムースを相手に防衛戦。スピアーで勝利。7月2日、PPV「スラミバーサリー」のメインでGFW王者のアルベルト・エル・パトロンを相手に王座統一戦。フットスタンプに敗れて王座転落。同日、団体名がGFWに改称(番組名はインパクト・レスリング)。8月17日の放送でマット・サイダルと対戦。スピアーをかわされた直後に丸めこまれてフォール負け。10月24日、インパクト・レスリングがGFWとジェフ・ジャレットとの提携終了を発表した。10月26日、インパクト・レスリングの放送でムースと対戦。セコンドが乱入して反則負け。11月5日、PPV「バウンド・フォー・グローリー」でキング・モーと組んでムース、ステファン・ボナー組と金網マッチで対戦。ラシュリーがスピアーでムースに勝利。 18年1月25日、インパクト・レスリングの放送でムースと対戦。ディスカス・クローズラインに敗れた。2月1日、インパクト・レスリングの放送でKMと対戦。スピアーで勝利。1月14日、インパクト・レスリングを離脱。3月29日、インパクトの放送でブライアン・ケイジと対戦。ラリアットに敗れた。4月5日、インパクトの放送でブライアン・ケイジと対戦。ドリルクローに敗れた。4月9日、WWEに復帰し、RAWに登場。5月6日、PPV「バックラッシュ」でストローマンと組んでオーエンズ、サミ・ゼイン組と対戦。ラシュリーがブレーンバスターでオーエンズに勝利。6月17日、PPV「マネー・イン・ザ・バンク」でサミ・ゼインと対戦。ブレーンバスターで勝利。7月15日、PPV「エクストリーム・ルールズ」でローマン・レインズと対戦。スピアーで勝利。11月2日、サウジアラビアで行われたPPV「クラウンジュエル」でのWWEワールドカップ1回戦でセス・ロリンズと対戦。カーブストンプに敗れた。12月16日、PPV「TLC」でアライアスとラダーマッチで対戦し、敗れた。 19年1月14日、RAWでインターコンチネンタル王者のディーン・アンブローズ、セス・ロリンズを相手に3WAYでの王座戦。ラシュリーがスピアーでアンブローズに勝利。インターコンチネンタル王座を獲得した。2月17日、PPV「エリミネーション・チェンバー」でラッシュと組んでフィン・ベイラーを相手にハンディキャップマッチで防衛戦。クー・デ・グラにラッシュが敗れて王座転落。3月11日、RAWでフィン・ベイラーの王座に挑戦。スピアーで勝利。インターコンチネンタル王座を奪回した。4月7日、PPV「レッスルマニア」でフィン・ベイラーを相手に防衛戦。パワーボムからのクー・デ・グラに敗れて王座転落。6月7日、サウジアラビアで行われたPPV「スーパー・ショーダウン」でブラウン・ストローマンと対戦。パワースラムに敗れた。7月14日、PPV「エクストリーム・ルールズ」でブラウン・ストローマンとラストマンスタンディングマッチ。場外でパワースラムをくらって敗れた。12月15日、PPV「TLC」でルセフとテーブルマッチ。ブレーンバスターで机を破壊して勝利。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP