ダークロHP
小市民ダークロの
ありがちで気の抜けた
感じのやつ
★TOP
★文章
★画像
★作曲
★映画評
★その他
★レスラーノート
★リンク
★ムシャッピー


ねた
思いつきで書きました


虫の観察
「これが例の虫かい?へえ。かわいね。流行ってるんだろ?色がきれいだ」
「それは餌だよ」
「え?じゃあ本物はどこにいるの?」
「あ、本当だ。あれ、逃げたのかな?」
「餌に食べられたのかな」
「あ、ゴソゴソ音がする。いるよ。この中に」
「どこだよ」
「保護色だよ。ほら、ガラスの色になってる」
「あ、出てきた。・・・・・・へえ、グロいね」
「ああ。グロいよ」
「でも、食べたらうまいんだろ?」
「おれもそう思って、さっき食べてみた。だけど口に入れたとたんに生き返って、口の中を暴れだしたんで、急いで吐き出したよ。おれの2つの鼻の穴から、足が飛び出て黄色い液が出た」
「気持ち悪いな」
「まだ鼻の穴から虫の足が飛び出てるよ、ほら」
「どれどれ・・・鼻毛だよ、それ」
「この虫がなんで人気があるか知ってる?」
「グロいから?」
「ちがうよ。ほら、DNAが一つだけ虫から飛び出てて、近くに漂ってる」
「あ、この二重らせんのやつ?」
「そう。交尾する時が一番面白いらしいよ。あとね、この虫、日本語がしゃべれる」
「え?しゃべれるの?」
「いいか、見てろよ。おーい、虫くん!元気?」
「ウルセー!オレハ、イマ、ムシノイドコロガワルインダ」
「虫くん!好きな色は?」
「ウンチイロ!」
「ウンチ色って、そんな色はないよ」
「・・・おい、それ、腹話術だろ?」
「おーい虫くん!」
「だからそれ、腹話術だろ?」
「チガウヨ!」
「虫の声色を使うなよ。あ、壁をよじのぼってきた!」
「わぁ!」
「・・・おい!大丈夫か!かまれたみたいだけど。しっかりしろ!」
「ぶーんぶーん」
「おい、どこから声出してるんだよ。おい!あんまり飛びはねるなよ!あ、壁にへばりついた」
「つくつくつく・・・オーシーツクツクツク。オーシーツクツクツク。・・・りーんりーんりーんりーん。・・・ミーンミンミンミーン・・・」
「おい!おまえ、虫になっちゃったの?」
「こっけこっこー!」
「その鳴き声は虫じゃないだろ!」
「むず。むずむずむず!」
「なんだか様子が変だぞ・・・うわ!皮が破れた!」
「メリ!メリ!」
「そうか、さっきまでサナギだったから、成虫になるんだな?」
「メリメリメリ!オギャーオギャー!オギャーオギャー!」
「あれ、赤ちゃんになっちゃった!」
「メリ!メリ!」
「あれ!また脱皮するのか」
「メリメリメリ!オー!ジャパニーズカーペット!タタミ!タタミ!フジヤマ!ハラキリ!」
「なんだか変な日本通のアメリカ人になったぞ」
「メリメリメリ!ごろごろごろ・・・」
「うわ!ボールになっちゃった!生き物ですらないよ!」
「メリメリメリ!ぶるんぶるんぶるん!ブーン!」
「わ、飛行機になった!」
「メリメリメリ!ゴギョギョギョ。バササ!バサ!バサササ!ギュンギュン!ビョビョビョビョ!」
「羽が生えてるぞ!角とかしっぽも生えてる!うわ、怪物だ!」
「ウシャシャ!ブリブリブリ!ギョギョギョ!ガッシュ!ガッシュ!」
「来るなぁ〜!ギャア!助けて〜!」
「メリメリメリ!あれ?・・・ここはどこだ?」
「あれ?元の形に戻った!」
「あ、そうか。おれ、虫に食われたんだ!あれからどうなっちゃったの?」
「おお、助かったのか!おまえ、大変だったよ。形が変わっちゃって」
「そうなの?全然記憶にないよ。ああ、疲れた・・・・・・」
「よかったよかった。どうなっちゃうかと思ったよ」
「ふう。腹へったな・・・・・・」
「・・・おい。そんなにジロジロ見るなよ」
「・・・・・・おまえを食ってもいい?」



職安
A:あ、どうも・・・職を探しに来たんですが・・・
B:はい。当社は就職率100パーセントを誇りますので安心してご相談ください。どういった職種をお探しですか?
A:事務系の仕事なんかいいと思ってるんですが
B:なるほど。年収的にはだいたいどれくらい・・・
A:月収で30万はもらいたいんですが
B:えーと、事務で30万・・・求人は結構ありますねえ。5万件だ。日本円ですか、それともリラ?
A:え?
B:世界各地に情報発信しているもので、北は北極の雪かきから南は南極の雪下ろしまで承ってございます。30万ですとインドネシアなどはいかかでしょうか。交通費は自分持ちになりますが。
A:もちろん日本ですよ。
B:そうですか、お客様はみんなそうおっしゃる・・・求人数が一桁まで落ちました。あ、この会社などはいかかでしょう。
A:え、何でも屋ですか?
B:いえ、何もやらない屋です。何でも屋っていうのは、チケット取りから引越しの手伝いなど何でもやりますが、ここは何にもやらない。ただ寝てるだけ。夢のある仕事ですよ。寝るだけですから、夢しかない。兄弟会社にどうでもいい屋、もう知らない屋、いやんなっちゃうなとございます。
A:それじゃ仕事してないじゃないですか!
B:ええ。もちろん、何もやらない屋ですので、社長は社員に給料もやらない。社長がこちらに職探しに来ました。求人票を出すついでに。
A:そんなあぶないの紹介しないでくださいよ!そこの求人票は何ですか?あ、かくした。
B:いや、これは・・・
A:ちょっと見せてくださいよ!ほら、よし!えーと・・・なんでもない屋。・・・ああ。
B:お客さん、ここはどうですか?
A:時給は・・・500円?これしかもらえないの?
B:そこ時給自足だから。
A:その日本語、間違ってるよ!他にないですか
B:これはどうですか、ベンチャーですけど。
A:追っかけ屋?これ、なんですか。
B:これはもう追っかけるのが仕事。マラソンやらレースやらなんでも追っかけちゃって、でも決して並んではいけない、先頭にたっても駄目。
A:なんの意味があるんですか?
B:二位になると賞品がもらえる。一位になるより気楽だから週休2日。先頭に走り出すのをじっと待ってる、走り出さないと後ろから浣腸して、前に立たせちゃう。
A:なんか漠然としないなあ。
B:じゃあ、最後の手段だ。これはですね、求人票を会社からもらってから、今まで秘密にして黙っていたんですけど、あなただけに教えましょう。
A:へえ、結構な待遇だ。随時募集と書いてある。今から行こうかなあ。地図が読みにくいなあ。
B:ああ、ちょうど積乱雲が発達している時期でして、見えなくなっておりますなあ?
A:衛星地図かよ!
B:住所はここに書いてあります、はい
B:じゃあ、いってきます。ありがとうございました。
A:いってらっしゃい・・・
A:いらっしゃい・・・
B:ここじゃないか!
B:実は今、人手不足でして。
A:そもそもここ職安じゃないじゃないか!職業不安定所って看板が出てるよ。紛らわしいなあ、職安の隣に建てやがって!これじゃまるで、太宰治の写真で有名なルパンっていうバーの隣にメロスっていうバーがあるみたいじゃないか
B:ハローワークに対抗してグッバイワークと名づけてみました
A:結局嘘なんだろ?就職率100パーセントっていうの!
B:そんなことないです。はい。時給50円。
A:ん?
B:いつの間にか雇われていたっていう、よくありそうなオチ。

ぱらぱら
A:おい、あれ、やろうぜ
B:なんだよ真剣な顔して
A:これだよこれ
B:ああ、沖縄民謡
A:違うだろ、パラパラだよ
B:ああ、10年ぐらい前に流行った奴ね。いやだよおれ、時代に遅れてるのはやらないよ
A:また、流行りだしたんだよ
B:そんな事があるのかよ、じゃあ、なにかい?エリマキトカゲがまた東京中を我が物顔で闊歩したりするの?カルガモの親子を迫害するっていうんで環境保護団体やPTAからクレームがきたりするの?
A:そんなことは今までにもなかったしこれから先もないよ。
B:・・・。
A:おまえ、うまいじゃないか。
B:やればできるんだよ、ダッコちゃん片手にフラフープ回しながら踊ってたから。
A:時代が違うよ
B:ゴーゴー喫茶!ツイストツイスト!
A:だから違うんだよ
B:一人じゃなくて集団でやるもんだろ?お前もやれよ
A:・・・。
B:・・・。
A:・・・!!おい!通行人の首を締めるのはやめろ!
B:・・・。ああ楽しかった、アマゾン式首狩族の族長襲名ダンス。
A:ちょっと待て!
B:ホウ!
A:叫ぶな!

超能力デカ
A:ああ・・・ぐちゃぐちゃだよ。夢に出てきたケチャップまみれのスパゲッティはこれだったのか・・・
B:めったざしにされてる。君はどこの署のものだね
A:私は超能力刑事です。今日はあいにく寝坊いたしまして・・・
B:おお、君が超能力刑事か。噂は聞いてるよ。寝坊したとしても時間どおりだ、気にすることはないよ。
A:いえ、いつも起きてる時は予知能力が働いて、事件が起こる前から現場に張っているので、私の管轄ではここ何年も事件が起こらないんですよ。
B:え?じゃあ、始まる前から事件を解決してるの?
A:ええ。
B:でも、三日前にもこの管轄で、殺人事件があったじゃないか
A:ええ、でも私が逮捕しました。ちゃんと殺されるのを待ってから。
B:事件がおこってるよ!それじゃ、まずいじゃないか!
A:私は罪を償うべきでしょうか。これって殺人になるんですかねえ?
B:もう何だか分からないから、こうなったら仕事で償ってくれたまえ。どうだ、超能力刑事、この現場を見て、何か分からないか。
A:はい、・・・犯行時刻の現場を透視します・・・
B:そんな事ができるのか!
A:・・・倒れた被害者を男が見下ろしてるのが見えます
B:そいつが犯人だ!もっと詳しく見てくれ
A:男は中肉中背のメガネの男、妻は順子、息子は博。18になる娘の久代は、最近ドライブに行ったきり朝まで帰らないのでちょっぴり心配だ。最近風俗に行った後、尿の出が悪いので、病気になったのではないかと心配している・・・
B:それはおれだよ!何でそこまで分かるんだ!
A:すいません、花粉症で・・・
B:関係ないだろ!
A:みんなが失敗をごまかすのによく使うから・・・ぐすん
B:ちゃんと捜査をしろ!
A:はい、では時間移動して現場に直行します!でや!
B:おお!消えた!
A:うわー真っ暗だ。あっちの方から女性が歩いてくるぞ
B:おお、声だけ聞こえる
A:おや、後ろから、怪しい人影が近づいてくるぞ!
B:そいつだ、超能力刑事!そいつが犯人だ!
A:おおーっと!マラソンランナーだ!あいつが犯人だな、超能力ビームだ、びびびびび!うわ!ランナーにぶつかってビームがそれた!きゃあああ!悲鳴が聞こえたあ!ドカーン!
B:・・・。
A:行って来ました。怪しい人物はどこにもいませんでした
B:お前が犯人だよ!

 △